震災からコロナへ

新型コロナの影響で

経済がガタガタになっている。

 

特に震災で被害のあった

東北沿岸では

昨年の土砂災害に続き

その被害は計り知れない。

 

そんなある日、

岩手県釜石市の

旧橋上市場に商店を営む

婦人からハガキが届いた。

昨年、同窓会で釜石に行ったときに

おみやげを買った店である。


要約すると「次はいつ釜石へ来るの?

お店の宣伝してね。」という

内容であった。

 

私的には即座に

おみやげに買った「吟醸酒」が

旨かったのを思い出した。

 

取り急ぎ、何品かFAXで注文した。

 

その商品が届いた。

R020319-1.jpg

(届いた商品の一部)

 

この店、FAXで注文すると

請求書入れてクール便で

送ってくれる。

 

信用してもらうのは

ありがたいが、誰かに

騙されやしないかと

心配である。

 

R020319-2.jpg

今回、届いたお酒は↑

 

「浜千鳥大純米吟醸」2649円である。

大吟醸らしい甘みと香りの銘品である。

 

しかし、本当は「浜千鳥吟ぎんが」1683円

を注文したのである。(写真左)

 

R020319-3.jpg

 

非難するつもりはない。

この婦人、酒屋の人ではない。

 

私のために酒屋で買って

同梱してくれているのだ。

 

甘め香り重視ならば「大吟醸」

すっきりした飲みごたえなら

「吟ぎんが(吟醸酒)」が

おすすめとなる。

 

つまみでおすすめは

「いかの丸干し」500円である。

丸ごと6杯も入っている。

 

R020319-4.jpg

 

焼いて食べるわけだが、

これがうまい。

 

切ると分かるが、イカスミの部分を

抜いていない。

 

R020319-5.jpg

 

他にもうまいものはある。

「やきうに」「すじこ」「ホヤ」「塩辛」と

酒好きにはたまらない店である。

 

岩手県釜石市鈴子町2-1 サンフィッシュ釜石

昆政商店 菊池フサ子

TEL/FAX 0193(22)5080

 

 


やはり、いきなりだった。

とある日曜日、

郊外のDIYの店に行くと、

かの「いきなりステーキ」が

併設されていた。

 

R020312-1.jpg

 

昼下がりで

昼食がまだであったので、

それを見て

急激にお腹がすいてきた。

 

そして、入店。

 

アンガスステーキ200gを注文した。

 

R020312-2.jpg

↑食べかけて写真を

撮ってないことに気が付いた。

 

当然、

 

 

 

 

切腹!

 

 

「味は?」の質問が予想される。

個人的見解であるが、「普通」であった。


京都・東寺の骨董市

一連の旅行の最後に

東寺の骨董市へ行った。

 

R020202-8.jpg

朝5時30分にチェックアウトし、

タクシーに乗った。

 

R020202-7.jpg

東寺の東門に到着したのは5時45分である。

 

R020202-6.jpg

あたりは暗い。この写真の比ではない。

 

もし、犬の●んこがあったら、

避けることは不可能である。

 

出展者は1000もあるという。

 

それぞれがそそくさと出店準備をしている。

 

しかし、明るくなるまでは

何が何やら、わからないのだ。

 

休む場所もタバコを吸う場所もなく、

ひたすら彷徨い続けた。

 

ミンクのファーが3000円とか

無造作にぶらさがっていたり、

着物や置物があるが、

吟味する明るさにはない。

 

R020202-5.jpg

7時ごろに少し、明るくなって

タバコを吸っている人を

発見した。(灰皿発見!)

 

そこにいたおばさまに恐る恐る聞いてみた。

 

「あのーいつから始まるんですか?」

 

おばさま:「もう始まってますよ。

     私はもう帰るところですよ。」

 

見れば、両手いっぱいの荷物を持っている。

 

見せてもらったのは、着物用の小物や帯、

1万円はくだらないだろうという金色の

小物入れは3000円だったという。

 

どうやら、懐中電灯片手に見てまわるのだと。

 

「いいものは早く無くなりますよ。業者さんが来て

自分の店で3倍4倍で転売しますからね。」

 

お礼を言うと私も薄明かりの市へ

突入した。

 

苦節3時間、どうやら1000件くらい見て回った。

 

しかし、目当てのカエルにめぼしいものは無かった。

 

R020202-4.jpg

 

そして、あっても高かった。

R020202-2.jpg

 

この店で

「ほしいけど、高くて買えない。」と

つぶやくと

 

「街に出たら、5倍10倍の話だよ。」と

怒られた。(笑)

 

ツゲの根付けとはそういうものらしい。

 

ツゲの木は5cmほどなるにも

50年以上かかるらしく、しかも

産地が南だと年輪が大きくなって

価値が無いのだと言う。

ここに並んでいたツゲの産地は

秋田だと言う。

 

もう少し若ければ

秋田に土地を買って

ツゲを育てたいものである。

 

念のため、数時間かけて

もう一度、全部を回って、

東寺境内北西の「洛南高校」沿いの

道を進み、北門に出て、帰路に就いた。

R020202-3.jpg

 

 

【重要情報】

東寺でタバコが吸える場所

R020202-1.jpg

 

 

 

 

 


京都の夜

翌日の骨董市に備えて

舞鶴から京都に戻った。

 

R020201-15.jpg

 

夕食は3回目の訪問となる

「京都・松喜屋」である。

 

近江牛がおいしい店である。

 

タクシーで近くまで行ったが、

毎回、迷う。

 

セブンイレブンの2階にあるのだが、

このセブンイレブンは店頭からしか

見えない。

 

R020201-16.jpg

 

赤ワインとともに料理を堪能した。

 

R020201-14.jpg

 

R020201-13.jpg

 

R020201-12.jpg

 

R020201-11.jpg

 

R020201-10.jpg

 

R020201-09.jpg

 

R020201-08.jpg

 

R020201-07.jpg

 

R020201-06.jpg

 

R020201-05.jpg

 

値段も高いが味は最高!

 

その後、うろうろしたが、

R020201-03.jpg

 

なんのアイディアもなく

ホテルへ戻った。

 

地下のバーへ

R020201-02.jpg

オリジナルカクテル「祇園」

 

明日は朝が早い、寝よう。

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 


静岡へ

昨日の続きである。

 

静岡の友人YM氏と合流し、

「末廣鮨」へ行った。

前回の静岡旅行でもここで

ごちそうになっている。

 

老舗名店である。

 

R020130-0.jpg

 

文句なくおいしい。

 

R020130-1.jpg

 

R020130-2.jpg

 

R020130-3.jpg

 

R020130-4.jpg

 

R020130-5.jpg

↑これは私の特注

 

箸置きに使っていたトコブシの殻に

ウニを詰めて、焼いてもらった。

 

R020130-6.jpg

 

その後、駅のそばのホテルのバーに行った。

 

R020130-7.jpg

 

眺めが良い!

R020130-8.jpg

 

R020130-9.jpg

 

その後、別れを告げ、

自分のホテルに帰った。

 

今回の旅行では

このあと、翌々日に京都の東寺「骨董市」に

行くことは決めていたが、翌日は

ノープランであった。

 

寝る前に

靖国神社で買った書籍↓を

見ていて、「舞鶴」に行くことを決心した。

 

軍事遺産をゆく (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,760から
(2020/1/30 08:21時点)

(続く)

 

 


静岡へ

友人YM氏の待つ静岡に

向かった。

 

1本早い新幹線に乗ったので

予定より早く到着した。

 

さらに、YM氏の会合が長引くとのことで

私は5時間を一人で過ごすことになった。

 

R020129-1.jpg

 

まずは、静岡駅南口に近い

「静岡ホビースクエア」に行った。

 

あらゆるジャンルのプラモデルを

展示・販売している。

R020129-4.jpg

 

私の場合は戦争ものに

興味が集中している。

R020129-3.jpg

 

スケールの大きなモデルがあり、

購入をそそられたが、

持ち歩く自信は無かったので、

購入は断念した。

 

14時頃、ホテルに向かう。

R020129-7.jpg

OYO632ホテル盛松館

 

16:00チェックインであった。

まだ、時間がある。

 

駅で買った「わさビーズ」と「地酒」を持参し、

インターネットカフェで

時間をつぶすことにした。

R020129-5.jpg

「わさビーズ」は以前は人気で入手困難であったが、

今は駅で大量に売られていた。

入手困難の時代に、YM氏に聞いたが

その存在すら知らなかったという経緯もある。

 

食べたが、2度はないかも・・・。

 

予想ではいくらのようにぷちっとはじけて

辛いと思ったのだが、これはゼリーである。

結構、噛まないと辛さは出てこない。

 

R020129-6.jpg

↑地酒

 

ネットカフェでは

足を延ばして映画を見ることが

できた。

 

R020129-8.jpg

映画「グリーンブック」は面白かった。

 

結構、おすすめです。

 

グリーンブック(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2020/1/23 08:48時点)

その後、ホテルにチェックインして

TM氏のお迎えを待つことになる。

 

このホテル「OYO632ホテル盛松館」

のことを書かねばならない。

古めのビジネスホテルである。

 

宿泊料金が安い。

 

各階?(少なくとも2階に)に

家庭のお風呂以上の大きさの

貸し切り風呂がある。(無料)

 

トイレにウォシュレットが無いことだけが

欠点である。

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 


靖国神社

昨日の続きである。

昨日は「雪」が降った東京であるが、

 

今日は晴れた。

※昨日、今日は旅行当時におけるものです。

 

富士山が見えた。

やはり、私は晴れ男なのである。

R020128-1.jpg

 

今日の昼には静岡に向かう

過密スケジュールである。

 

九段下のホテルから

靖国神社は近いのだが、

朝一番に靖国へ向かう。

 

「靖国神社参拝」は私の死ぬまでリストに

入っている重要項目である。

 

九段坂を上る

R020128-2.jpg

左手に「日本武道館」、正面には

靖国神社の大鳥居が見える。

 

R020128-3.jpg

 

R020128-4.jpg

大村益次郎像

 

R020128-5.jpg

 

R020128-6.jpg

 

無事に参拝を終える。

 

そして、資料館「遊就館」へ

R020128-7.jpg

 

R020128-8.jpg

零戦52型

 

R020128-90.jpg

泰緬鉄道で走っていたC56

 

タイへ行ったらクワイ河の鉄橋は

必ず、見たい。

 

その他に、現存する元帥刀も見ることが

できた。

 

展示品は撮影不可であったが、心に

多くを刻むことができた。

 

11時ごろには東京駅に向かう必要があったが、

R020128-91.jpg

これは見逃せない。

 

R020128-92.jpg

甘くてシンプルな卵丼である。

 

特攻兵士が同じようなものを

食べたかと思うと、切なくなった。

 

卵も砂糖も貴重だったはず、トメさんの

心づかいが思われる。

 

 

 

 

合掌

 

 

 

 

 

 


柴又

寅さんの聖地「柴又」へ

向かった。

 

夕方にはID氏と

約束がある。

 

どうしても多摩霊園からは

会食もせずに

直行する必要があったのだ。

 

R020125-1.jpg

 

駅前にはもちろん↓

R020125-2.jpg

 

R020125-3.jpg

寅さんシリーズのモデルとなった

「高木屋老舗」

 

R020125-4.jpg

期せずして、カエルグッズ

 

R020125-6.jpg

迷わず購入。

 

R020125-5.jpg

帝釈天をお参りして、九段下のホテルに

急ぐ。

 

草団子も食べなかったのだから、

いかに急いでいたかは想像に難くない。

 

R020125-7.jpg

「押上」で乗り換えるのに

スカイツリーもスルーした。

 

 


東京だよ。おっかさん。

久々に東京に行くことになった。

 

R020123-1.jpg

 

会いたい人も多いが、

過密スケジュールのため、

IN氏やハチ子氏には

連絡しなかった。(残念)

 

R020123-2.jpg

 

羽田空港からは

予定通り「京急羽田・ちか鉄共通パス」を

購入して、まずは泉岳寺へ向かった。

 

R020123-3.jpg

「泉岳寺」

 

R020123-4.jpg

有名な「四十七士」のお墓にお参りした。

 

「切腹!」を多用する私にとっては

ある意味、聖地である。

 

そして、次の目的地「多摩霊園」へ向かった。

叔父さんの納骨があるのである。

 

R020124-1.jpg

おっと、これを忘れてはいけない。

 

石材屋さんで「カエル」が展示してあった。

おそらく手掘りである。

こういう一点物がほしい。

 

さて、東京は初雪となった。

R020124-2.jpg

R020124-3.jpg

 

納骨は無事、終了し食事をする

親戚一同を後に次の目的地へ向かった。

 

 


ここが変だよ、東京都

江戸に行くことになった。

 

行きは飛行機で羽田着となる

2,3行くところがあるので、

地下鉄路線図を片手に

乗り換え計画に四苦八苦している。

 

東京などの大都市は

渋滞のため、JRや地下鉄での移動が

必須となる。

 

いちいち切符を買うのは

面倒なので

ICカードを買おうと目論んだ。

 

しかし、JR以外に「東京メトロ」「都営」「その他」と

路線は複雑に入り組んでいる。

 

「東京メトロ」用に「PASMO」を買っても、

「都営」「その他」では使えない場合がある。

 

すぐに東京オリンピックがはじまるのに

この有様である。

 

そもそも羽田からは「モノレール」か「京急」しか

乗れない。これは「東京メトロ」ではないのである。

 

さて、それでも唯一、使えそうな切符を

見つけた。

 

R010123.jpg

 

京急羽田・ちか鉄共通パス

最初に羽田〜泉岳寺までを乗車すれば

京急と東京メトロ。都営(浅草線・三田線・新宿線・大江戸線)が

一日乗り放題らしい。

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:3531 最後に更新した日:2020/04/05

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM