傘の修理

100均の上等な?傘を使っている。

 

H310407-1.jpg

 

しかし、問題もある。

 

H310407-2.jpg

 

巻いて留めるファスナーの部分が

ちぎれて無くなったのである。

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

先日、壊れて捨てられている

同じタイプの傘を見つけた。

 

H310407-3.jpg

 

この部分を迷わず頂戴した。

 

H310407-4.jpg

 

接着すれば、補修完了である。

 

なにやってんだ、私。

 

 


matamatamatamataPAYPAY

10月の消費税増税の後、

キャッシュレス決済には

還元策としての

バックがあるらしい。

 

各社、しのぎを削って

普及を務めている。

 

特にがんばっているのは

PAYPAY,

株主はYAHOO!とソフトバンクである。

 

今は店には負担が無く、

客には20%もバックがある。

 

私はタクシーでPAYPAY使ったが

実質、無料となった。

 

H310405.jpg

 

問題は10月以降である。

 

ポイントバックと還元策を狙った消費者が

店でPAYPAY払いをすると、

店は一定の手数料をPAYPAYに

払わなくてはならないのだ。

 

手数料がもったいないので

価格に転嫁する店も

横行すると思われる。

 


スープ用横口レードル 

玉虎堂 横口レードル 90? 18-8ステンレス 日本 BLC39090

新品価格
¥510から
(2019/3/26 14:50時点)

「スープ用横口レードル」

汁物用のお玉で楕円になったやつである。

 

小さなカップに

丸い大きなお玉で

スープを注ぐと

こぼれるのである。

 

ほしいと思いつつ

購入には

至っていなかった。

 

先日、業務用の店で

中古として

売られているものを

衝動買いした。

H310401-1.jpg

 

160円であった。

 

しかし、問題もある。

 

先端がへこんでいるのである。

H310401-2.jpg

 

調理人かそのオーナーが

怒りに任せて

投げつけたと

推察される。

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

曲がっているものを

直さないほど

怠惰ではない。

 

早速、つけもの石の丸みを

利用して

ハンマーで修正した。

 

H310401-3.jpg

 

めでたし、めでたし、おしまい。

 

H310401-4.jpg

 

 

 


翻訳業?

小倉北区には

外国人居住者が多い。

 

それに伴って

多くの国の物産や料理を

提供する外国人も多い。

 

先日、中国物産を

売っている店で

「ヒマワリのタネ」を買った。

 

食用である。

 

このことについては

別の機械に述べたい。

 

さて、その店の店頭掲示を

見ると、間違いだらけの

日本語が書かれている。

 

H310329-1.jpg

 

写真を撮り

翌日にはパウチしたものを

届けた。(勝手に)

 

H310329-2.jpg

 

中国人のおばちゃんは

それを受け取ると

狂喜してくれた。

 

そのまま、帰ろうとする

私を強引に引き留めて

「ヒマワリの種」をくれた。

 

H310329-3.jpg

 

 

 

感謝!

 

 


カエルのストラップ

カエルのストラップを

買った。

 

携帯電話に装着したが、

1日で取れてしまった。

 

H310326-1.jpg

 

まず、部品を確認した。

H310326-2.jpg

細い針金の加工であった。

 

しかし、同じ部品を修復しても

同じように壊れる可能性大である。

 

H310326-3.jpg

釣り糸とより戻しで

代わりの部品を作成した。

 

で、

 

H310326-4.jpg

 

めでたし、めでたし、おしまい。

 

 


年末の補修作業

陶器の食器の

脚が壊れた。

 

H301228-4.JPG

 

捨てるとい選択肢は

存在しない。

 

早速、万能接着剤を買って

補修した。

H301228-3.JPG

 

「なんで黒を買った?」って

誰か言ったか?

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

教えないよ。


さて、話を変えよう。

 

まずはコレ見て↓

 

H301228-1.JPG

私の車

 

運転席のシートである。

 

白いほこりが半端ない。

 

原因は↓

 

H301228-2.JPG

ダウンのジャンバーに

たくさんの穴が開いているのである。

 

ここから、ダウン的なものが

次々、出てきているのだ。

 

もちろん、黒い万能接着剤で

補修しました。

 

 

 


大きくて運べないソファーの分解

年末にココを退去する。

 

引っ越し業者さんを

使わないそれは

困難を極めている。

 

2.5人掛けの

ソファーはどう考えても

ドアを通らない。

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

解決策がわからない私が

何時間考えても無駄である。

 

早速、購入した店に

電話をした。

 

その後、折り返しの電話で

そのソファーを2つに

分解する方法を聞いた。

 

H301219-1.JPG

↑底部の写真である。(横倒し)

 

座るところ(仮称:座部)と

背もたれのところ(仮称:背部)は

六角レンチで絞められた

金具で結合されている。

 

H301219-2.JPG

↑これを六角レンチで緩めてはずす。

 

後は座部と背部は金具で

はめこんでいるだけである。

 

したがって、座部をスライドさせるだけで

2つに分解できる。

 

上の写真では

横倒しの作業であるから、

座部は左へスライドさせる。

 

もしも、通常の状態に

戻してからの作業ならば、

座部は上へスライドさせる。

 

H301219-3.JPG

↑横倒しの状態での座部の金具

受け止めるだけのものである。

 

H301219-4.JPG

↑さかさまの状態での背部の金具、

差し込むだけの形状である。

 

まとめよう。↓

H301219-5.JPG

 

ETさん、これで

よろしかったでしょうか?

 

 

 

 

 


 


akadama赤玉スイートワイン1800mlの瓶を洗う 家庭で

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=3062

 

↑一升瓶の内部を

洗えるブラシを

紹介した。

 

しかし、問題もある。

 

なかなか、到着しない。

 

2週間もかかるという。

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

2週間待つほど

寝てはいられない。

(意味不明)

 

なければ作ればよいのである。

 

そもそも、この問題は

一升瓶で骨粗鬆症予防の

ドリンクを作ったことにより

発生した。↓

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=2958

 

これを作ったあとは↓

H301207-1.JPG

↑シマウマの縞のように

白いのが残る。

 

H301207-2.JPG

↑サイコロと水を入れて攪拌しても

効果はあまりない。

 

H301207-4.JPG

↑そこで、これを作りました。

 

H301207-3.JPG

↑きれいになりなした。

 

っ仕上げにイソプロピルアルコールで

消毒、めでたし、めでたし、おしまい。

 

 

 

 

 

 


カリフォルニア

ブラッド・ピットの映画で

「カリフォルニア」を見た。

 

途中、気になる

セリフがあった。

 

H301121-2.JPG

「ケッ!中国ビールかよ!」

 

お気づきになられただろうか?

 

H301121-1.JPG

これは1985年にアメリカでの日本製ビールNO.1になった

サッポロ生ビールである。

 

 

 

 


三つ子の魂100まで

H301115-3.JPG

 

コメントは控えさせて

いただきます。

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:3182 最後に更新した日:2019/04/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM