敵艦見ユ!ゴキブリ編

日露戦争の海戦において

バルチック艦隊を

発見したときの電文が

「敵艦見ユ!」である。

 

相手の本体を

発見することなく

攻撃は不可能である。

 

話を変えよう。

 

古いアパートの2階に

住んで久しい。

 

ゴキブリとは

ほぼ毎日出会い、

撃退している。

 

バルサンも効かない。

 

いや!

効いてはいるだろうが、

敵の兵力は半端ない!

 

次々と

新たな兵力が

投入され続けている。

 

もっとも厄介なのは

廊下である。

 

部屋に帰るたびに

電気を点けて

白い廊下に黒いものがないかを

確認するのが日課である。

 

3階の住人が

この半年で3回も

水漏れを起こし、

廊下は白く改装されている。

 

エサになりそうなものは

無いが、2〜3mmほどの

個体が毎日出てくる。

 

とある日、

いつものように

2mmほどの個体が闊歩していた。

 

今回は潰さずに

様子を見てみた。

 

廊下の隅を歩いていた彼は

ある場所で

スっといなくなった。

 

何かある!

 

老眼に鞭打って

精査した。

 

H300907-1.jpg

おおお!

 

穴がある!

 

ここから、毎日来ていたのか!

 

穴の大きさも3mmほどである。

 

これであれば

廊下では2〜3mmの個体だけが

現れていたことも納得できる。

 

「スプレーを注入したか?」って

誰か言ったか?

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

原因がわかっていて

恒久的な対策を立てないほど

政治力は無い。

 

早速、手持ちのパテで

穴を埋めた。

H300907-2.jpg

後は台所かぁ〜。

 


大いなる勇者

大いなる勇者 [レンタル落ち]

中古価格
¥1から
(2018/7/12 04:23時点)

結構好きな映画である。

 

ロバート・レッドフォード主演

である。

 

ロッキー山脈でひとりで

暮らしていた主人公が

ひょんなことから

インディアン娘と結婚し、

両親を失った少年と共に

3人で暮らすことになる。

 

その後、インディアンの怒りをかい

妻と少年を殺されてしまう。

 

怒った主人公は

2人を襲ったインディアンたちを

皆 殺 しにする。

 

そのあと、主人公はインディアンに

襲撃される。その襲撃は1人づつ

くるのである。何度も何度も

主人公はインディアンと戦うことになる。

 

話を変えよう。

 

夏である。

 

緊張の夏である。

 

来年に退去する今の住居兼事務所であるが、

とてつもなく古いビルである。

 

当然、ゴキブリがでる。

 

台所の隙間は

HDさんにコーキングしてもらったが、

効果が無い。

 

もちろん、バルサンも焚いた。

 

赤色の缶の分である。

 

全く、効果が無かった。

 

そして、やつらは

毎日、1匹づつ

くるのである。

毎日、毎日、

私はゴキブリと戦うことになる。

 

とある日の夕方、2度目の

バルサンを焚くことにした。

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

全く、効果のなかった攻撃を

続けるほど甘ちゃんではない。

 

今回はコレ↓

 

【第2類医薬品】バルサンプロEX6~8畳用 20g

新品価格
¥615から
(2018/7/12 04:40時点)

「バルサン プロEX」

今こそ、プロとアマチュアの差を

奴らに見せる必要がある。

 

そして、

H300717-1.jpg

1時間後、周りを精査した。

 

例えば↓

H300717-2.jpg

(画像はモザイク処理してあります。)

 

さらに↓

H300717-3.jpg

(画像はモザイク処理してあります。)

 

おびただしい数のゴキブリを

退治した。

 

しかし、問題もある。

 

効きもしない赤のバルサン、

売るなよ。

 

赤→プロ、買わせる手口としか

思えない。

 

 

 

卑怯者!

 

 

 

 

 

 

 


畑の番人

以前、当ブログで

ダイコンの苗が

あおむしによって

全滅させられたことを書いた。

 

その後、たねを植えなおした。↓

 

H290709-3.jpg

あおむしに

やられてはいるものの

どうにか育っている。

 

「また、全滅するよ。」って

誰か言ったか?

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

ボランティアとはありがたいものである。

 

今回はボランティアが

守ってくれている。↓

H290709-2.jpg

 

さらに↓

H290709-1.jpg

 

なお、カマキリがアオムシを

食べるかどうかは

現在のところ、不明である。

 




また、また。やつが来た!

H290702-1.jpg

 

やつが来た!

 

見えないって誰か言ったか?

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

特別だよ。

 

H290702-2.jpg

 

さらに

 

H290702-3.jpg

 




また、やつらの季節に

三寒四温!

 

また、奴ら(蚊)の

季節がやってきた。

 

H290425.jpg

 

 

 

撃墜!

 

 

人気ブログランキングへ

 


アゲハ蝶考

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=2522

 

↑「アゲハ蝶」の幼虫について

述べた。

 

その後、徐々に大きくなってきた。

 

H281006-1.jpg

 

おどろいたことに

右手前の個体は

緑色に変っている。

 

最初はすべて

左奥の個体と同じで

黒っぽいものだったのだ。

 

調べてみると

これは周知の事実で、

最初は「鳥の糞」に

態しているのだそうだ。

 

 

天晴れ!

 

 

 

人気ブログランキングへ


アゲハの幼虫誕生

柑橘系の樹木に

アゲハ蝶が産卵することは

有名な話である。

 

当社の天道生えの

ゆずの木にも

卵を産み付けている。

H280902-1.jpg

透明な1mmほどの球体である。

 

数日で内部が濃くなる。

H280902-2.jpg

 

内部の濃いものは、すぐに孵化する。↓

H280902-4.jpg

 

最初は2mmほどである。

 

H280903-2.jpg

翌日3mmほどに成長している。

 

以上、記録として残す。

 

 

人気ブログランキングへ


なにげない光景の中に(うじむし編)

プランターに大豆(エダマメ)のタネを植えた。

1週間経っても、発芽しなかった。

 

きっと、タネが不良品だろうと

もう一度、植えなおした。

 

話を変えよう。

 

昨日、蛆虫が

会社の玄関付近に

大量発生した。

 

7〜8mmのやつらが

這い回っている。

色は茶色、普通のうじ虫よりも

色黒である。

 

↓エダマメのたねを植えたプランター

H280714-1.jpg

 

精査すると

あのうじ虫が↓

H280714-2.jpg

タネを食べていました。

 

 

 

人気ブログランキングへ


ついに発見!なめくじみたいな貝

庭やプランターで

↓を見たことは無いか?

H280709-1.jpg

細長くて先端が切り取られたような

形状の貝である。

 

しかし、抜け殻ばかりで

中身が入っているところを

見たことは無かった。

 

先日、ついに発見↓

H280709-2.jpg

なめくじのような形状で

つのも2本ある。

 

ネット上を精査すると

「キセル貝」の仲間らしい。

 

と言えば、

よく見かける↓

H280709-3.jpg

普通のナメクジとて、

キセル貝の仲間なのだそうだ。

 

中央部分に形状が異なる模様があるのは

貝殻の痕跡らしい。

 

 

 

人気ブログランキングへ


情けは人の為ならず

会社のプランターに
毛虫が発生した。

早朝、
ジャガイモの葉と
天道ばえの大根的な葉で
2匹の毛虫を捕獲した。

2匹ともに
体長約4cm茶色の個体である。


捕獲した2匹は
分厚いビニールに入れ、
熱でパウチして
ゴミ袋に入れた。

昼頃にさらに
同じ個体1匹を捕獲し
同様に分厚いビニールにいれ
熱でパウチしてゴミ袋に
投入した。

夕方になって
帰宅時、ゴミ袋は満タンには程遠く
十分に余裕があったので
持ち帰り、
自宅玄関に放置した。

さて、夜中の2時

いつものように
応接間のじゅうたんに寝そべり
パソコンをいじっていると
なんと!
床置きのパソコンの左
30cmのところに
例の毛虫がいるではないか。

あわてて、
会社で使用したビニール袋よりは
薄いビニール袋にうまく誘導し
口をきつく縛って、
また、ゴミ袋に投入した。

めでたし、めでたし、・・・なの?

なぜ、家に中に毛虫が?


ここに住んで何年にもなるが
家の中で毛虫に遭遇したことはない。

もしや、と思い
ゴミ袋を開けてみると
さきほどのビニール袋の上を
毛虫が高速で闊歩している。

ビニール袋を食い破ったに違いない。

そこから、大変である。

嫁を起こし、
家中、捜索をした。

ゴミ袋を開けて
毛虫を確認すればよいのだろうが、
すでに1匹が闊歩していて
朝に投入したビニール袋(2匹入り)は
はるか奥深くに
ある。


一度でも毛虫の毛にやられたことのある人なら
そんな冒険はしないものである。

エイリアンを持ち帰ってしまった
シガニー・ウィーバーの無念が
わかる気がする。

結局、外に出た毛虫は確認できなかった。
ゴミ袋は野外に出した。

次回は潰そうと
決意して終わる。


しかし、問題もある。↓
AUC2.jpg
踏まれた???



 人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2998 最後に更新した日:2018/10/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM