また、やつらの季節に

三寒四温!

 

また、奴ら(蚊)の

季節がやってきた。

 

H290425.jpg

 

 

 

撃墜!

 

 

人気ブログランキングへ

 


アゲハ蝶考

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=2522

 

↑「アゲハ蝶」の幼虫について

述べた。

 

その後、徐々に大きくなってきた。

 

H281006-1.jpg

 

おどろいたことに

右手前の個体は

緑色に変っている。

 

最初はすべて

左奥の個体と同じで

黒っぽいものだったのだ。

 

調べてみると

これは周知の事実で、

最初は「鳥の糞」に

態しているのだそうだ。

 

 

天晴れ!

 

 

 

人気ブログランキングへ


アゲハの幼虫誕生

柑橘系の樹木に

アゲハ蝶が産卵することは

有名な話である。

 

当社の天道生えの

ゆずの木にも

卵を産み付けている。

H280902-1.jpg

透明な1mmほどの球体である。

 

数日で内部が濃くなる。

H280902-2.jpg

 

内部の濃いものは、すぐに孵化する。↓

H280902-4.jpg

 

最初は2mmほどである。

 

H280903-2.jpg

翌日3mmほどに成長している。

 

以上、記録として残す。

 

 

人気ブログランキングへ


なにげない光景の中に(うじむし編)

プランターに大豆(エダマメ)のタネを植えた。

1週間経っても、発芽しなかった。

 

きっと、タネが不良品だろうと

もう一度、植えなおした。

 

話を変えよう。

 

昨日、蛆虫が

会社の玄関付近に

大量発生した。

 

7〜8mmのやつらが

這い回っている。

色は茶色、普通のうじ虫よりも

色黒である。

 

↓エダマメのたねを植えたプランター

H280714-1.jpg

 

精査すると

あのうじ虫が↓

H280714-2.jpg

タネを食べていました。

 

 

 

人気ブログランキングへ


ついに発見!なめくじみたいな貝

庭やプランターで

↓を見たことは無いか?

H280709-1.jpg

細長くて先端が切り取られたような

形状の貝である。

 

しかし、抜け殻ばかりで

中身が入っているところを

見たことは無かった。

 

先日、ついに発見↓

H280709-2.jpg

なめくじのような形状で

つのも2本ある。

 

ネット上を精査すると

「キセル貝」の仲間らしい。

 

と言えば、

よく見かける↓

H280709-3.jpg

普通のナメクジとて、

キセル貝の仲間なのだそうだ。

 

中央部分に形状が異なる模様があるのは

貝殻の痕跡らしい。

 

 

 

人気ブログランキングへ


情けは人の為ならず

会社のプランターに
毛虫が発生した。

早朝、
ジャガイモの葉と
天道ばえの大根的な葉で
2匹の毛虫を捕獲した。

2匹ともに
体長約4cm茶色の個体である。


捕獲した2匹は
分厚いビニールに入れ、
熱でパウチして
ゴミ袋に入れた。

昼頃にさらに
同じ個体1匹を捕獲し
同様に分厚いビニールにいれ
熱でパウチしてゴミ袋に
投入した。

夕方になって
帰宅時、ゴミ袋は満タンには程遠く
十分に余裕があったので
持ち帰り、
自宅玄関に放置した。

さて、夜中の2時

いつものように
応接間のじゅうたんに寝そべり
パソコンをいじっていると
なんと!
床置きのパソコンの左
30cmのところに
例の毛虫がいるではないか。

あわてて、
会社で使用したビニール袋よりは
薄いビニール袋にうまく誘導し
口をきつく縛って、
また、ゴミ袋に投入した。

めでたし、めでたし、・・・なの?

なぜ、家に中に毛虫が?


ここに住んで何年にもなるが
家の中で毛虫に遭遇したことはない。

もしや、と思い
ゴミ袋を開けてみると
さきほどのビニール袋の上を
毛虫が高速で闊歩している。

ビニール袋を食い破ったに違いない。

そこから、大変である。

嫁を起こし、
家中、捜索をした。

ゴミ袋を開けて
毛虫を確認すればよいのだろうが、
すでに1匹が闊歩していて
朝に投入したビニール袋(2匹入り)は
はるか奥深くに
ある。


一度でも毛虫の毛にやられたことのある人なら
そんな冒険はしないものである。

エイリアンを持ち帰ってしまった
シガニー・ウィーバーの無念が
わかる気がする。

結局、外に出た毛虫は確認できなかった。
ゴミ袋は野外に出した。

次回は潰そうと
決意して終わる。


しかし、問題もある。↓
AUC2.jpg
踏まれた???



 人気ブログランキングへ

サバイバルにむかない爺列伝

LINE仲間で作った
釣りクラブの4名中3名で
山国川上流のほうに
釣りに行った。

アマゴ狙いである。

KS氏のみフライで釣るということで
上流へ消えていった。

私とBB氏は
足場の良い場所で
エサ釣りを行なった。


H280617-2.jpg

「法悦!」状態のBB氏

「アブラハヤ」のみ大量に釣れた。

H280617-6.jpg
最初の22匹↑

H280617-7.jpg
↑次の8匹

H280617-3.jpg
なにげない光景の中に今日の主役がいる。

「どこだよ?」って
誰か行ったか?

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

特別だよ。


H280617-4.jpg
↑コッコ、ココ

見えないか?


H280617-1.jpg

見にくいか?

H280617-5.jpg
こんな「アブ」に襲われ続けました。
敵の数、数百匹。

常にたかられ続け、
肌の露出した部分にとまったものを
気がつかずに放置すると
さされて痛みが・・・。

肌の露出していない部分には
何十匹もとまっている状態であった。

到着後、車を停め
山中を川へ向かって降りた時から
数百匹のコレに追われ続けたのである。

最初は「スズメバチ」の巣でも
壊してしまったと、思うほど
たかられた。回りが真っ黒である。

個人的には
完全に戦意喪失し、一人なら
帰った状況である。

しかし、鬼軍曹KS氏は
「だからなに?」みたいに
どんどん、進んで行った。

さらに、川への侵入路は
獣道すら、まったく無い場所から
「ここから降りますよ。」と
どんどん、先に行ってしまう。

傾斜45度のすべる斜面である。


個人的には
危険を察知し戦意喪失し、一人なら
帰った状況である。

そして、川に下りてからも
鬼軍曹は私とBB氏の荷物を
持ったまま、普通の靴で
川上へ、水の中をガンガン進む。

H280606-1.jpg
(鬼軍曹撮影)

私とBB氏は50mも離され
浅瀬と岩を探して、長靴で
どうにか濡れないように進んだ。

個人的には

危険を察知し戦意喪失し、一人なら
帰った状況である。


その後、安定した場所を見つけ
どうにか釣りは始めた。

しかし、帰りはあそこを
登るのは無理、しかも
危険な川を進むのも無理、
お金があればヘリを
要請したい気分であった。

今日の主役を
鬼軍曹にするか
アブにするかは
議論の分かれるところである。

私的には
今日の主役は間違いなく
「アブども」です。

さて、帰宅後
精査すると「ゴマフアブ」に近いものと
推察されたが、どうであろうか?

H280617-8.gif

実はコレ、北海道と本州に分布との
記載がある。

九州で見つかれば
ニュースかもしれないが
もう一度行くつもりは





無い!




 人気ブログランキングへ

ハチの巣を作らせない ハチ・アブ用ハンター(510mL)

価格:1,008円
(2016/6/12 02:49時点)
感想(3件)

【メール便送料無料★】Panasonic パナソニック イヤホン RP-HJE150 密閉ダイナミック型(カナル型)ステレオインサイドホン[ イヤホン ステレオイヤホン 音楽 iPhone iPod スマホ ]【RCP】【マラソン201408_送料込み】【マラソン201411_1000円】

価格:1,000円
(2016/6/18 13:04時点)
感想(2222件)


今年も負けないよ(閲覧注意)

今年も
ヤツとの戦いが始まった。

今期1勝目

H280503-2.jpg

今期2勝目
H280503-1.jpg


 人気ブログランキングへ

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

新品価格
¥3,204から
(2016/5/3 15:58時点)


ヤツラは生きていた。

そう簡単にまちがえないよ・・・。

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=2228

↑で紹介した「カマキリ」と「あおむし」で
あるが、12月中旬に発見した。


H271226-1.jpg

「カマキリだけじゃん!」って
だれか言ったか?

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)


H271226-2.jpg

背中のあおむしが目に入らぬか?

つか、入りそう・・・。

で、翌日には2匹とも
忽然と消えた。


あおむしがカマキリを食べたかどうか
知るものはいない。

 人気ブログランキングへ

なにげない光景の中に

なにげない光景の中に
真の悪が潜んでいることがある。


H271221-2.jpg

「わかんないよ!」って
誰か言ったか?

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

特別だよ。


H271221-1.jpg

撃墜!

平成27年12月9日早朝
 人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2745 最後に更新した日:2017/05/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM