第107回北原杯

遅々として

上達しないのが

ビリヤードである。

 

某水曜日

第107回北原杯に

参加した。

 

第1試合

対FIさん(3-2)

 

H310417-1.jpg

3-0●

 

第2試合

対MYさん(4-2)

 

H310417-2.jpg

4-0●

 

試合後、MYさんから

左手は伸ばして撞いたほうが良いと

アドバイスを受ける。

 

感謝!

 

 


第106回北原杯

戸畑のビリヤード場Fにて

月例の北原杯に出場した。

 

いまだに

参加者中、最低のプレーヤーと

自負している。

 

しかし、参加するからには

1セットでも多く取りたい。

 

1戦目 対TOさん(過去に1度負けている。)

H310320-1.jpg

0-3で完敗。

 

試合後、少しだけ

お話することができた。

 

2戦目 対WTさん

WTさんとはFやGで

その夫妻とお会いしたことがある。

H310320-2.jpg

0-3完敗。

 

これで北原杯は

8連敗となった。

 

試合後、Gへ移動して

オーナーと話をした。

 

オーナー:「今日、一番、印象に残ったショットは何ですか?」

私   :「ありません。」

 

オーナー:「試合に行って何もないなんて、おかしくないですか?」

私   :「でも、ないです。」

 

オーナー:「意味ないでしょ!くやしくないですか?」

私   :「くやしいけど、

      3試合で撞いたのは15回くらいで

      全部、むずかしい球でした。

      何もさせてもらえませんでした。」

 

オーナー:「それでいいんですか?」

私   :「いやでも、それが今のじぶんです。」

 

 

 

 

 

くやしい!

 

 

 

 

 

 

 


ビリヤードチーム戦

ビリヤードバーGで

オーナーと練習していると、

オーナーの古い友人2名が来た。

 

急遽、2人チームが

交互に撞くチーム戦の

ナインボールを行った。

 

H310319.jpg

 

私はオーナーとペアを

組んだ。

 

自分の失敗でチームが

負けるのであるから、

かなり真剣になる。

 

結構、楽しい。

 

そして、オーナーの力で

勝利!!!

 

 


スロウ・とび・見越し

だんだんと、

狙い通りの位置で

球を撞けるように

なってきた。

 

しかし、微妙なところで

ポケットを外すことも

多い。

 

その原因のひとつが

表題にある球の力学に

あるかも知れない。

 

H310314.jpg

 

まだ、実感はないが、

見越しができていない。

 


押し殺し

物騒なタイトルであるが、

ビリヤード用語である。

 

H310308.jpg

 

コーナー付近の的球に

手球を

厚く

強く

前回転で当てた時の話である。

 

手玉は計算通り

赤のラインは進まず。

 

コーナーポケット付近に残る。

 

これが「押し殺し」である。


もらいびねり

昨日に引き続き

ビリヤードネタである。

 

H310307.jpg

 

aの手球をbに芯撞きすると

手球はcへ進む。

入射角イコール反射角であるから

手球はdへ進むのか?

 

答えはノーである。

 

aを芯撞きしても

bに当たった瞬間に

手球は「右回転」となり

実際にはeの方向に進む。

 

これをもらいびねりという。

 

 


芯撞き

ビリヤードバーGへは

よく行っている。

 

居場所がないのである。

 

最近は

Mさん↓と撞くことが多い。

 

H310306-2.jpg

 

とある晩、

Mさんはめずらしくお酒を

のんでいて、

私にお説教をしてくれた。(感謝!)

 

手球のポジションを
考えないで撞いているから

意味ない!との話だった。

 

なぜ、考えないで

撞くことがあるかというと、

分からないのである。

 

翌日、GのSSさんに

何がわからないかを説明した。

 

その後、大きく言うと

3つのことを教えてくれた。

 

ひとつは「芯撞き」のこと。

 

今までは球の中心を撞くことだと

思っていた。「芯撞き」しなければ

的球に当たったあとの手球が、

手玉は的球の進行方向の90度の方向へ

向かわないのである。

 

球の中心を撞いても

最初は無回転だが、

進むと回転がかかるのである。

 

H310306-1.jpg

 

芯撞きとは、的球に当たるときに

無回転に撞くことであった。!!!

 

遠い的球ならば、

少し下を撞くくらいで

芯撞きとなることがわかった。

 

 

 

 

感謝!


また負けた

同業者最強のハスラーTI氏と

3回目の対戦をする機会があった。

 

H310304.jpg

 

そして

2-3

 

負けました。

 

 

 

 

切腹!

 

 


右ひねり

ビリヤード場Fで

MMさんと

ナインボールで

勝負した。

 

最後のセットで

 

H310222-1.jpg

この状態で

フリーボールが

回ってきた。

 

私の場合、┐鬚泙辰垢阿冒世辰

手玉を引いた。

 

しかし、手玉は引けずに

負けた。


正解は

 

H310224.jpg

右ひねりで撞く。らしい。

 

勝負は2-3で負けた。

 

https://youtu.be/4Ghoh6xEJ2I

 

 

 

 

 

切腹!


第105回北原杯

14日にビリヤード大会に

出場した。

 

おそらく、もっともレベルが

低いのが私であろう。

 

試合前、SSプロが

練習につきあってくれた。(感謝)

H310221-4.jpg

 

1試合目(対SSKさん3-2)

3-1●

H310221-3.jpg

 

2試合目(対MYさん4-2)

4-0●

H310221-2.jpg

 

さて、過去3大会、1勝もできていないのだが、

今回、唯一のチャンスがあった。

 

対SSKさんの最終セットで

 

H310221-1.jpg

この状態で私の番になった。(↑後日、Gで再現)


黒の8番を入れて、

9番を入れれば勝ちである。

 

この時の選択肢は

,爐困しい角度で

8を右のコーナーへ

8-9コンビで

9を左コーナーへ

 

私は考えた末、,鯀択し

はずして負けた。

 

その日のうちに

私はビリヤードバーGの

SSさんに聞いてみた。

 

H310221-5.jpg

SSさんの正解は↑

 

ごくごく弱く撞いて

8と手玉で9をはさむセーフティが

良いとのこと。

 

こうなる↓

H310221-6.jpg

 

そして、SSさんの一言、

「ビリヤードの良いところは

入れなくても勝てるところです。」

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:3208 最後に更新した日:2019/05/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM