猫の首に鈴を付ける話

ダイビングのライセンスを

取得して久しい。

 

あれ以来、潜っていない。

 

あれとは、もちろん「ガンガゼ」である。

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=3375

 

しかし、心配はいらない。

ほぼ、快方に向かっている。

この件に関しては

後ほど、ブログで報告したい。

 

潜れない理由を

自分なりに分析した。

 

〜備が高い。軽装備だけでも15万、

重装備を含めると40万ほどになると言う。

 

∧欖瀕舛高い。毎月、携帯並みの出費となる。

潜ろうと潜るまいと。

 

左足の肉離れ、足元の悪い砂利場からの

エントリーで確実に再発する。

 

ぅンガゼが怖い。技術の無いが、借りたウェットスーツが

窮屈で動きが取れない。

 

などなどである。

 

さて、学会で友達が来たことは

先に述べた。このときに判明したのだが、

静岡、東京の友人は共に

ライセンスを持っていたのだ。

 

彼らの意見を総合すると

「40万出して装備買わなくても

好きな時に潜ればいいじゃん!」である。

 

静岡の友人は「リゾートダイバー」だから

何も持たないと言う。

 

すべて、現地、調達らしい。

 

「体に合う、ウェットスーツだけ買えばいいじゃん。」

と言う。

 

「5万くらいで作れるんじゃない?」とも言う。

 

スーツは計画していた「セミドライスーツ」ではなく

「5mmのウェットスーツで十分だよ。」とも言う。

 

少し、気が楽になった。

 

たしかに私のスクールでのおすすめには

理由があろうが、安易な道に進みたくなった。

 

早速、インターネット上で検索して

採寸してオーダーできるショップを

探してみた。

 

苦節3日、やっと見つけた。↓

 

たしかに、5万円ほどである。

 

お世話になったダイビングスクールのそれより

数万円も安い。

 

R011023-3.jpg

 

メジャーさえあれば、オーダーできるのか!

 

しかし、問題もある。

 

R011023-2.jpg

手持ちのメジャーでは1mまでしか

測れない。

 

仕方ないので、100均で↓を購入。

R011023-1.jpg

 

これで、問題は解決した…。

 

かに見えた。

 

しかし、

 

半裸の私を測ってくれる人はいなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

切腹!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山善 机 幅90×奥行59.5×高さ112cm 傷や水に強い天板 棚板高さ調節可能 2口コンセント 上棚取り外し可能 組立品 ホワイトウォッシュ FDS-9060(WW)

新品価格
¥12,333から
(2019/10/23 15:22時点)


「ガンガゼお前もか?!」

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=3362

 

↑でダイビング中に

「ガンガゼ」というウニに

刺さされことを述べた。

 

3日後

R011012-1.jpg

 

これが良くなっていったのだが、

 

15日後

R011012-2.jpg

 

21日後

R011012-3.jpg

 

またまた、遅延型アレルギーの予感がする。

 

遅延型アレルギーは

アブに刺されて経験している。↓

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=2433

 

 

 

 

 

 

 

ガクガクブルブル

 


takaragaiタカラガイがお宝の予感

ダイビング中にアワビを

見つけたことがある。

 

生き物は採取しないのが

ダイビングの掟である。

 

もちろん、見ただけで

スルーした。

 

持ち帰れるのはゴミだけと

教わっている。

 

しかし、銭ゲバ的には

なんか儲からないかと思ってしまう。

 

サンゴを食い荒らす貝を

1匹5円で買い取ってくれるという話を

聞いた。

 

う〜ん。

 

微妙である。

 

そんなある日、

「タカラガイ」の貝殻が

大金を産むという話を聞いた。

 

「タカラガイ」には多くの種類があるが、9cmを超える

「シンセイダカラ貝」は特に高値がつくらしい。

R011004.jpg

 

 

そもそも、コンゴのクバ人などでは
通貨として使われていたことも

あるらしい。

 

見つけねば!

 

シンセイダカラガイ、オウサマダカラガイなどは世界的な珍種

テラマチダカラガイ、ニッポンダカラガイ、オトメダカラガイ、クロユリダカラガイは日本での珍種

 

 

 

 

 


ダイビングに挑むジジイ列伝

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=3362

↑で海中の写真を撮ったことを

述べた。

 

やっと、現像できた。

 

しかし、問題もある。

 

記念になるような出来には

ならなかったのである。

 

R011001.jpg

 

 

 

 

 

切腹!


ダイビングに挑むジジイ列伝

山口県の青海島へ

2回目の海洋実習に行った。

 

1本目のダイブで

不覚にも「ガンガゼ」に刺されてしまった。

 

R010929-2.jpg

写真右下の針の長いウニ「ガンガゼ」

 

中性浮力といって、

一定水深に安定して留まる能力が

足りないのである。

 

足はこうなる↓

R010929-4.jpg

 

濁りがあり、透明度3mというのも

「ガンガゼ」発見が遅れた理由でもある。

 

R010929-1.jpg

 

R010929-3.jpg

 

そして、私↓

R010929-5.jpg

 

泳ぐというよりは

水底を這っている。(笑)

 

それでも、合格のサインをいただいた。

 

とりあえず、初級のライセンスは

とれました。

 

写真はすべて

インストラクターのIYさんに

撮っていただいたものです。

 

私も無謀にもカメラを

持っていましたが、

「水中用写るんです」なので

現像が間に合いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 


写ルンです 防水タイプ

FUJIFILM レンズ付フイルム フジカラー 写ルンです 防水タイプ 27枚撮り LF N-WP3 27SH 1

新品価格
¥1,437から
(2019/9/16 11:47時点)

取り急ぎ、試したい!


海洋実習 ダイビングライセンス

ダイビングライセンス取得に向けて

プール実習をおこなったことは

先に述べた。↓

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=3348

 

今回は福岡県の恋の浦という場所で

海洋実習に行った。

R010924-1.jpg

 

レンタルのウェットスーツ↓

R010924-2.jpg

 

私の特殊な体形のため

着たり脱いだりがしんどい。

 

さらに、このウェットスーツは日本では

夏場の3か月しか使用できないのである。

 

さらに悪いことに

他の9か月間使用するドライスーツの

レンタルはサイズがないから

できませんとのこと。

 

実習はほぼうまくいった。

 

ヨウジウオ、イイダコ、?(アナゴみたいな)

?(青い熱帯魚)、マダイ、ヒトデの動くやつ、

ウニ、サザエ、アワビなどと遭遇した。

 

しかし、スーツを買ってでも、

潜り続けたい話をオーナーから

聞くことができた。

 

戦争当時の船や飛行機が

ダイビングツアー電話番号

数多く見ることができるのだという。

 

映画「タイタニック」の

ラストシーンで使われている

沈船は日本海軍の「富士川丸」で

トラック島沖にあり、

見ることができるという。

 

 

 

 

 

ワクワク

 

 

 

 

 

 

 

AQUALUNG(アクアラング) 5mm エルゴブーツ(ファスナー付きブーツ) Ergo Boots (BL(ブルー), 26)

新品価格
¥3,373から
(2019/9/19 12:15時点)

XINTOWN ダイビンググローブ 特価セールXD100_PK_S

新品価格
¥1,280から
(2019/9/19 12:28時点)


ダイビングに挑むジジイ列伝

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=3344

 

↑ダイビングスクールに行ったことは

先に述べた。

 

その後、ペーパーテストに合格し、

プール教習に行った。

 

R010915.jpg

↑携帯はプールに持ち込めないので

教習後の受付付近にて。

 

いろいろ体験したが、

フィンと水中メガネがフィットしなかった。

足は痛くなり、メガネには水が入った。

 

ライセンス取得後、各地のレンタル機材を

借りて潜るという目論見は成立しそうにない。

 

スーツだけを体に合わせて作り、

あとはレンタルしたかったのである。

 

すべてを揃えると30万〜50万もかかるのである。

しかも、それを運搬または送るのは

荷が重い。

 

一気に気分はブルーになった。

 

 

次は海での教習がある。

 

先は長い。


宇宙人が再び、現れた。

私の周りでは

忽然と物が消え、

再び、現れないことがある。

 

おそらく、宇宙人の仕業である。

 

前回は「トークン」、

これはネット銀行の振込を

行うのに必要である。

 

再発行で難なきを得たが、

再び、現れることは

なかった。

 

今回は

ダイビングスクールの

教本とログブックである。

 

再試験の朝に無くなっていることに

気が付いたが、これも現れてこない。

 

再試験は98%正解で

切り抜け、プール講習を待っている。

 

20cm×30cm×5cm、こんな大きな

ポーチが無くなるのである。

 

宇宙人、天晴!

 

 


ダイビングに挑むジジイ列伝

死ぬまでに一度、

ダイビングをしてみたい。

 

そんなことは

時々、考えていた。

 

発作的に

ダイビングスクールへ行ってみた。

 

R10911-1.jpg

 

Cカードと言われる

ライセンスがないと

潜れないらしい。

 

その後、4時間ほどの座学で

学んだ。

 

R010911-2.jpg

↑いっしょに講習を受けたMG夫妻

 

そのあとに試験を受けた。

 

4択で50問。

 

80%で合格なのだという。

 

この試験に合格しないと

次のプール講習へ進めない。

 

で、

 

落ちた!

 

 

 

 

 

 

切腹!


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:3393 最後に更新した日:2019/11/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM