斜線にかかる話

建築屋のNNさんと

親しくして

いただいている。

 

時には

食事を共にすることもある。

 

お話をしていると

私が全く知らなかった情報や知識を

教えていただける。(感謝)

 

そんな中から

わすれたくない部分を

備忘録として残す。

 

建物の高さについて。

 

建ぺい率や

容積率が土地で決まっている。

 

しかし、それ以外に

「斜線にかかる」という場合がある。

 

H290302.jpg

 

すなわち、建設地に面した道路の反対側から

1:1.25の比率で斜線を引いて

それにかかる高さはだめなのだそうだ。

 

都市計画法第9条に定める「用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区」である。

用途地域の指定があるところに重ねて指定され、用途地域の指定を補完する。環境維持のために建築物の高さを制限したり、高度利用のために低さを制限したりする地区に定められる。高度地区内においては、建築物の高さは、都市計画で定められた内容に適合するものでなければならない[1]

高度地区で制限されるのは建築物の「高さ」のみであり、その他の制限は別の地域地区の指定による。また、高さに関する制限は他に斜線制限や、第一種低層住居専用地域第二種低層住居専用地域による絶対高さの制限[2]などがあるが、これらが全国共通の規定であるのに対して、高度地区は導入の有無・制限の内容とも各自治体ごとの任意である。

 

書きかけ・・・です。

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2715 最後に更新した日:2017/04/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM