猫の首に鈴を付ける話

ダイビングのライセンスを

取得して久しい。

 

あれ以来、潜っていない。

 

あれとは、もちろん「ガンガゼ」である。

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=3375

 

しかし、心配はいらない。

ほぼ、快方に向かっている。

この件に関しては

後ほど、ブログで報告したい。

 

潜れない理由を

自分なりに分析した。

 

〜備が高い。軽装備だけでも15万、

重装備を含めると40万ほどになると言う。

 

∧欖瀕舛高い。毎月、携帯並みの出費となる。

潜ろうと潜るまいと。

 

左足の肉離れ、足元の悪い砂利場からの

エントリーで確実に再発する。

 

ぅンガゼが怖い。技術の無いが、借りたウェットスーツが

窮屈で動きが取れない。

 

などなどである。

 

さて、学会で友達が来たことは

先に述べた。このときに判明したのだが、

静岡、東京の友人は共に

ライセンスを持っていたのだ。

 

彼らの意見を総合すると

「40万出して装備買わなくても

好きな時に潜ればいいじゃん!」である。

 

静岡の友人は「リゾートダイバー」だから

何も持たないと言う。

 

すべて、現地、調達らしい。

 

「体に合う、ウェットスーツだけ買えばいいじゃん。」

と言う。

 

「5万くらいで作れるんじゃない?」とも言う。

 

スーツは計画していた「セミドライスーツ」ではなく

「5mmのウェットスーツで十分だよ。」とも言う。

 

少し、気が楽になった。

 

たしかに私のスクールでのおすすめには

理由があろうが、安易な道に進みたくなった。

 

早速、インターネット上で検索して

採寸してオーダーできるショップを

探してみた。

 

苦節3日、やっと見つけた。↓

 

たしかに、5万円ほどである。

 

お世話になったダイビングスクールのそれより

数万円も安い。

 

R011023-3.jpg

 

メジャーさえあれば、オーダーできるのか!

 

しかし、問題もある。

 

R011023-2.jpg

手持ちのメジャーでは1mまでしか

測れない。

 

仕方ないので、100均で↓を購入。

R011023-1.jpg

 

これで、問題は解決した…。

 

かに見えた。

 

しかし、

 

半裸の私を測ってくれる人はいなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

切腹!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山善 机 幅90×奥行59.5×高さ112cm 傷や水に強い天板 棚板高さ調節可能 2口コンセント 上棚取り外し可能 組立品 ホワイトウォッシュ FDS-9060(WW)

新品価格
¥12,333から
(2019/10/23 15:22時点)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:3395 最後に更新した日:2019/11/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM