オーブン陶土

備忘録である。

 

この粘土でカエルを作って

オーブンで焼こう。

 

上手にできたら

安く買い取りますよ。(笑)

 

お知らせ

令和元年5月25日・26日

北九州市小倉北区・西日本総合展示場にて

「小倉ハンドメイドマルシェ」

 

ブースNO.A-42では

有田の北村公正先生が

カエル作品を持ってくるよ。

 

ローソンのLoppiでコード「82098」で

前売りチケット買えます。(500円)

 

しかも、PAYPAY払いできます。

 

で、当日なら700円

 

 

[陶芸] オーブン粘土 工作用 400g

価格:518円
(2019/4/29 15:04時点)
感想(0件)

ヤコ オーブン陶土専用 耐水・耐油コート剤 Yu~ 100cc

新品価格
¥837から
(2019/4/29 14:58時点)


小銭を稼ぐ日々

H310508-1.jpg

 

↓天皇賞(春)

H310508.jpg


信頼し任せても・・・

H310505.jpg


うさっぴの給油所

宇佐美とい会社の

給油所でいつも

ガソリンを入れている。

 

1リッター1ポイントの

ポイントがもらえるのである。

 

自分探しの旅で

遠出をすると

旅先でも

宇佐美で入れたくなる。

 

以下、備忘録である。

 

【宮崎自動車道】

霧島SA(上・下)

 

【大分自動車道】

別府湾SA

 

【東九州自動車道】

川南PA

 

【九州自動車道】

古賀SA(上)

北熊本SA(上)

山江SA(下)

 

【中国自動車道】

加西SA(上)

西宮名塩SA(下)

七塚原SA(上)

王司SA(下)

美東SA(上)

 

【山陽自動車道】

三木SA(上・下)

龍野西SA(上)

宮島SA(上)

小谷SA(下)

福山SA(上)

佐波川SA(下)

下松SA(下)

 

以下、省略

 

 

 


酔心と横山大観

とあるTVの

クイズ番組で

ここは誰の記念館でしょうか?

 

という映像が流れていた。

 

みると「酔心」の枡が

置かれている。

 

「酔心」とは広島市で

初めてのんだことのある

おいしい日本酒である。

 

答えは

横山大観記念館、

東京にある。

 

インターネットを精査すると

「酔心」は広島県広島市ではなく

広島県三原市の酒蔵であった。

 

横山大観の主食は「酔心」で

あったという。

 

昭和初期、東京に

酔心東京支店があり、

そこへ足しげく

大観の妻が通い、

酔心の社長が大観に

一生分の酔心の提供を

約束したという。

 

広島市で私が最初に

「酔心」をのんだのは

やはり、「酔心」という名の

出店居酒屋であった。

 

お好み村よりも

「酔心」をチョイスした

当時の私に

 

 

 


天晴!

 

 

 

【横山大観が終生愛飲した広島の酒】酔心 特撰 本醸造 名誉酔心 1.8L【清酒】<日本酒 ギフト プレゼント Gift 贈答品 内祝い お返し お酒 日本酒 一升瓶>

価格:2,700円
(2019/4/28 03:22時点)
感想(2件)


ニンジンの葉は食べられるのか?

密集した樹木の葉が重ならずに成長し、

空が割れたように見える現象を

「クラウン・シャイネス」と呼ぶ。

 

いつか、見てみたい。

 

話を変えよう。


とある飲食店の

カウンターで見た。↓

 

H310504.jpg

 

店主に「食べられるのですか?」と

問うと

「いえ、ただの飾りです。」と

言う。

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

飾りじゃないのよ、ハッパは、

へいへい。じゃないけど、

 

60年生きてきて

ニンジンの葉の中毒は

聞いたことが無い。

 

念のため、

ネット上を精査すると

ビタミンやカルシウムは

豊富で苦みがあるが、

食べられると言う。

 

めでたし、めでたし、おしまい。

 

 


自分探しの旅

ドッグランでの話である。

 

犬を放つと

しばらくは

大喜びで

何度も何度の同じところを

グルグル走り回って、

やがて疲れ果てて

飼い主の元に

戻ると言う。

 

話を変えよう。

 

自分探しと表して

鹿児島・宮崎と

旅をしてみた。

 

しかし、大半は

今までに行った所であり、

むなしさだけが残った。

 

↓出し忘れの鹿児島の写真

H340503-5.jpg

 

 


自分探しの旅

宮崎に足を延ばした。

 

事前に宮崎空港近くの

本郷地区に4つの

掩体壕があると

調べていたのだ。

 

H310503-4.jpg

H310503-3.jpg

H310503-2.jpg

H310503-1.jpg

 

無事に4つを発見した。

 

しかし、問題もある。

 

現宮崎空港のそばにも

2つあるはずなのだが、

発見に至らなかった。

 

 

 

 

 

 

切腹!

 


自分探しの旅

何気ない光景の中に

笑いが隠されていることがある。

 

鹿児島の光景である。

 

H310502.jpg

 

実はうまく

撮れていない。

 

注目すべきは

あの赤い旗である。

「?って

?さい!」

 

と書いてある。

 

片側交互通行を強制しうる

現場の最高権力者が

持つ旗である。

 

そこには

「止まって

下さい!」と

書かれている。

 

「下さい。」って

お願いなのか?

 

普通は「止まれ!」と

ならないだろうか?

 

謎は解けた。

 

「下さい!」の「!」に

注目である。

 

鹿児島の語尾揚げには

「下さい」にも

強制力があるのである。(独断)

 

他にも道路標識で

「スピードを落として

下さい。」というのがあった。(笑)

 

 

 

 

 


きたむら工房作陶展

明日から「令和」

個人的には「還暦」である。

 

良いこともある。

 

ネットカフェは

10%オフになる。

 

これから先、ずっと。

 

話を変えよう。

 

2019年4月9日〜4月14日に

行われたきたむら工房作陶展に

行った。

 

なかなかの

力作があった。

 

H310501-1.jpg

「阿吽ヒキガエル」

 

H310501-2.jpg

「ヒキガエル徳利」

 

H310501-3.jpg

「アマガエル植木鉢」

 

もちろん、全部、買った。

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:3208 最後に更新した日:2019/05/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM