野菜の型抜き 漢字の「大」

大根鍋を何度か作ってみた。

味も安定して

レシピとして

自分なりに完成した。

 

大根を薄くスライスして

鍋に投入するのだが、

型抜きで文字を出せたら

おもしろいと考えた。

 

さしあたって、

大根の「大」を

型抜きしたい。

 

しかし、かなり

探したが「大」の

型抜きは売っていない。

 

数字のマイナス「―」

アルファベットの「I」を使って

何度か抜けば何とか

なりそうな気もするのだが・・・。

 

3日3晩インターネット上を

彷徨った。

 

「努力は実る!」とは

どこかの予備校の標語であるが、

まさしく、その瞬間が

訪れた。

 

「ジンジャーマン」

 

これが「大」に

見えない日本人は

いない!

 

めでたし、めでたし、おしまい。

 

 

 

BIRKMANN ステンレスクッキー抜型 ジンジャーマン MQ-GB-194793

新品価格
¥540から
(2018/2/6 00:09時点)


LEDで植物を育てるの巻

パナソニック スマートフォン対応USB出力ACアダプター QE-AP109-W

新品価格
¥991から
(2018/2/5 23:33時点)

Ostart 植物育成LEDライト LED水耕栽培ランプクリップライト USB/グリップ型 ガチョウの頚造形クリップ ライト フレキシブルアーム で長寿命で明るい照明 室内でも植物育成使用赤/青LED 低消費電力 18W

新品価格
¥2,250から
(2018/2/5 23:40時点)

せっかく開業した

レストランも

体調不良で

長く休んでいる。

 

時々、友達に会うと

「いつも何やってんの?」と

辛辣な質問に遭う。(笑)

 

一応、ここで説明する。

 

朝起きると

モーニングサテライトという

経済番組を見る。5時45分から

 

「早起きだね。」って

誰か言ったか?

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

寝てないことが

ほとんどである。

 

運よく寝ても

体位によって

激痛走るのである。

 

事故以来、長時間の睡眠は

全くとれない。

 

そのあと、ニュースを

チェックしたり、株式などの

情報をチェックしている。

 

そして、午前中のうちに

治療のため整形外科に行く。

 

整形外科から帰ると

一度目の食事。

 

そして15時まで相場のチェックなど。

 

夕方にはできるだけ

歩くようにしている。

 

18時ごろに

2回目の食事。

 

これは料理の研究を兼ねているので

かなり真剣に作っている。

 

道具や食器は

上のほうにあると

手を伸ばして

取ることができないので

机やカウンターに

置きっぱなしである。

 

鍋やホットプレートも

出しっぱなしである。

 

そのあとに

将来のために

インターネット上で
調べものをすることが多い。

 

最近はLEDを使って

植物を水耕栽培したり、

観葉植物の生長を

促すことに興味がある。

 

眠くなって寝ても

痛みで何度も起きるので

断続的にこの作業は

朝まで続くのである。

 

そんな感じで生きています。

 

 


 


めがね修理専門業

いつの頃からか

18金の眼鏡フレームを

使っている。

 

眼鏡をかけたまま寝たり、

枕もとの眼鏡を

踏んだりして

何度も調整してもらっている。

 

今回は

運悪く、フレームが

折れてしまった。

 

過去にもフレームが

折れて近所の眼鏡屋さんで

修理を依頼したことはある。

 

修理は新しい眼鏡を

作れるほど高額である。

 

今回は

インターネット上を検索して

比較的安価に

修理してくれる業者をみつけた。

 

「めがね修理専門業」なのだそうだ。

 

鈴木眼鏡工業株式会社

〒916-0041

福井県鯖江市東鯖江2-817-1

TEL0778-51-7604

FAX0778-51-7624

 

備忘録として残す。

 

タジマ 金沢金箔 金箔ケース入 小

新品価格
¥583から
(2018/2/6 00:39時点)

 


 


「マイウー」の予感 青のり編

最近、妙に寒い。

ついに風邪をひいた。

鼻水を処理したティッシュペーパーで

ゴミ箱は溢れそうである。

 

一言いいすか?

 

「風邪をひくと紙屋が儲かる。」

 

さて、話を変えよう。

 

NHKテレビで

福岡県吉富町で採れる「青のり」について

報じていた。

 

何でも

醤油だけでご飯と共に

食するとおいしいと言う。

 

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

 

鼻かぜごときで

うまいものをあきらめるほど

心は折れていない。

 

早速、「青のり」を探しに

行ってみた。

 

最初に向かったのは

小倉の台所「旦過市場」である。

そこでは「青のり」を

見つけることはできなかったが、

「マイウー」のおじさんが

ロケをやっていた。

 

H300203-1.jpg

 

何とも「マイウー」な予感がする。

 

その後、小倉で唯一の

百貨店で無事、「青のり」を

ゲットして帰路についた。

 

そして、

H300203-2.jpg

「青のり」にしょうゆをかけ

 

H300203-3.jpg

ごはんにのせ、食した。

 

結果は

 

もちろん、マイウーであった。

 

めでたし、めでたし、おしまい。

 


 


黒い雨 デジタルニューマスター版 [DVD]

黒い雨 デジタルニューマスター版 [DVD]

新品価格
¥13,000から
(2018/2/2 05:35時点)

このDVDには

映画「黒い雨」の

続編となる主人公の

四国巡礼シーンがある。

 

しかし、問題もある。

 

高くて買えませんから!

 

 

 

 

切腹!



小倉のぬか漬け

先日、テレビで見た

小倉北区の

「ぬか漬け」の店に

行ってみた。

H300131.jpg

 

きゅうり、だいこん、昆布を

買って食した。

 

私の作っていたものより

塩分がすくなく

うまみがある。

 

脱帽!

 


 

 

 

 


TK氏好みの・・・・


その後の私

交通事故に遭ったことは

先に述べた。

 

後日、撮影した車の様子↓

securedownload.jpg

左の後輪はパンクしている。

 

ほぼ全損なのだが、

年式が古いので

20万円しか保険は

払わないと言ってきた。

 

修理は対物超過の特約が

あったので、プラス50万円の

70万円までなら、出すという。

 

20万では、新しい車の

諸費用にしかならない。

 

なにより、付けたばかりのカーナビや

交換したばかりのスタッドレスタイヤが

もったいない。

 

事故車に乗るのは

嫌だが、修理以外の選択肢は

なかった・・・。

 

問題もある。

 

修理が完成しても

首・肩・腕の痛みで

運転は困難である。

 

当初は通院以外のタクシー代も

レンタカー相当の金額まで

認めると言っていた保険も、

1月末までしか

認めないと言い出した。

 

始めて3か月の

レストランも

体の痛みで休業しているが、

休業補償は出さないと言ってきた。

 

私が会社の役員であるから

らしい。

 

知人を介して

弁護士相談したかったのだが、

私の保険に弁護士特約を

つけていなかったので、

着手金というのを

何十万か払わないと

動いてくれないらしい。

 

弁護士特約は

わずか数百円であるから

付けておくべきだった。


小倉のぬか漬け

NHKテレビで

小倉・旦過市場の「ぬか漬け」が

紹介された。

 

H300115.jpg

 

今村さん

 

以下、備忘録である。

 

さんしょの実は6月に

1年分を購入し、

塩もみして色をよくしたものを

冷凍保存。

 

余分な水をペットボトルで

抜く。

抜いた水に昆布を

5日間漬けると

昆布のぬか漬けができる。

昆布のぬか漬けを作った水は

床付けに戻す。

 

きゅうりは

2面皮を取りつける。

 

夏は5時間

冬は15時間つける。

 

 


開けたのは私!閉めたのは?

昨年12月中旬に

交通事故に

逢いました。

 

交差点中央付近で

右折待ちをしているときに

後方からノーブレーキで

軽自動車が追突してきたのです。

 

私は頭を強打して、

フラフラになりながらも

車を右折させ、歩道に駐車させたあと、

加害者を探しました。

 

「逃げられたら終わり!」という

危機感に襲われていました。

 

加害車両は直進方向の

横断歩道付近に

停車していたので、

フラフラしながらも

相手の運転席にまで

行ったと記憶しています。

 

相手のエアバックは出ていたと

思います。加害者に

一言くらいは

文句を言ったと思います。

 

「ノーブレーキだろ!」「フルパワーだろ!」

かと思います。

 

その時、ろれつが回っていませんでした。

それでも、加害者が逃げていないことに

安心したと思います。

 

その場にへたりこみました。(たぶん)

 

ろれつが回らなかったことに対して

酒気帯び運転と疑われる恐怖も

あったと思います。

 

しかし、本当に恐怖はそこからでした。

 

運悪く助手席に同乗者がいたのを

思い出したのです。

 

私はふたたび、自分の車に

フラフラと戻りました。

二、三回は転んだと思います。

 

窓越しに同乗者は

生きていることが

わかりました。

 

ドアを開けようとしましたが、

車がひずんだのか

簡単には開きませんでした。

 

今度は車が炎上したら、

どうするのか!という恐怖の

体験をしました。

 

どうやって?

どんな力で?

開けたかは忘れましたが、

ドアを開けました。

ドアが開いたことに安心して

その場に座ったと記憶しています。

(後に修理工場にに行ったとき、

助手席にドアを開けようとしたときに

工場の人から「そこは開きませんよ。」と

言われました。)

 

そのあと、だれが閉めたんだろう?

 

安心すると

後頭部付近に激しい痛みが

あることに

気が付きました。

 

過去に経験したことにない

痛みでした。

 

そのあと、警察の人が来て、

免許証や車検証を出せと

言われました。

 

激しい頭痛とろれつも回らない中で

多少、イラつきました。

 

「そんなことできねー!」と

思っていました。

たぶん、死ぬのだろうと思っていました。

 

そのあとの

「人身事故にしますか?」とか

「救急車呼びますか?」とか

「車をレッカーで移動させる。」とかの

会話があったと思いますが、

記憶は定かではありません。

 

たしかなのは

自動車保険のOGさんに

電話して後を頼んだことです。

 

そのあと、救急車で

病院に搬送されました。(続く)

 

久々の長文で少し疲れました。

 

安心してください。痛いけど生きてます。

入院してるわけでもありません。(笑)

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2848 最後に更新した日:2018/04/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM