ベースボールカード添付は販促(反則)!

歓迎宴会に参加した。
新しくYO氏が入社したのだ。

ブログの話もでたが、酷評をいただいた。

IT氏:「最近、手を抜いてませんか?「えごま」の話でたら読まないように
しています。」

NS氏:「写真とか載せたら許しませんよ。」
私  :「ちゃんと、目線入れますので・・・。」



という訳で「目線」いれてみた。
ついでに「鼻線」と「口線」もいれた。

この店、6月末で一時閉店するらしい。
途中、店長のKHさんのはからいで
たまたま、店に来ていた社長のONさんに
会わせていただいた。

相手は地元の有力事業家である。
とても、光栄である。握手してもらった^^

一次会終了後、私は単独で帰宅することにし、
TM氏(タクシー)に電話してみる。

私  :「もしもし〜。●●ですぅ。」
TM氏:「はいはい。こんばんわ〜。」
私  :「今ね、神●の梨●でのんでるんだけど、」
TM氏:「おお〜、そうなんですかぁ。」
私  :「来れそう?」
TM氏:「今、小倉なんですよ。」
私  :「で、どれくらいで来る。」
TM氏:「ああ〜、小倉でのんでますぅ。」
私  :「あれ、休み?」
TM氏:「はい。」
私  :「普通、最初にそれ言わないか?」
TM氏:「たしかに、そうでした。」
私  :「じゃいいや。」
TM氏:「すみませ〜ん。今度、粘土団子でも何でも投げつけてください〜。」

おおお、やはり読んでいてくれた。(うれしい。)

家のそばのコンビニに寄った。
●カコーラ社の●ョージアにおまけが付いている。
ベースボールカードだ!
買っちゃうから、こういうのは無しにしてほしい。



人気ブログランキングへ

着衣のまま川にはまったことがあるか?

着衣のまま川にはまったことがあるか?

私はある。↓
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=107

小学校では今ごろ、プールを利用して
体育の授業をしているはずである。

どんな事を何、教えてんだろ?と思った事は無いか?

夏になると痛ましい水の事故が絶えない。
その中には正しい知識や経験があれば
助かったかもしれない事例がある。

「着衣のままでは10mも泳げない。」これ、重要じゃないか?
小学校で着衣水泳を1日くらいやらないか?
埃が浮くって?(プール授業最終日にやっちゃえ!)

それともうひとつ、前を留めていない救命胴衣は
「こおろぎの羽根」状態となり役に立たない・・・。

覚えておいて損は無いぞ!

人気ブログランキングへ

清く正しいトウモロコシの食べ方

今日のブログは淡白である。
過去最高に短いと思う。

最初に「粘土団子」の近況について



芽の出ているものを発見した。
何の芽であるかは不明。

さて、昨晩の夕食に「とうもろこし」が出た。
「とうもろこし」の食べ方については
いつも、嫁と議論になる。
どこまで行っても平行線なので
今ではお互いの食べ方については異論を
唱えないというのが、暗黙の了解となっている。

私の食べ方はこうだ!
まず、一列か二列を指でむしる。



あとはまとめて、一列ずつ指でむしっていく。



嫁はハーモニカを吹く要領で闇雲にかじりつく
何ともきたない食べ方である。有り得ない・・・。

HS氏に聞くと、「剥く器具ありますよ。」とのこと。
早速、アマゾンで発見!
嫁のクリスマスプレゼントは↓に決定する。



人気ブログランキングへ

初チップスの日にゴムの木は残った。

土曜日の夜、孫が攻めて来た。

いつものように孫とのチャンネル争いには勝利し、
ワールドカップサッカーのオランダ戦を見た。

やはり・・・。最後には負けた。
最近、サッカー見てストレス解消になったことがない。
KAZUの偉大さが改めて分かる。

日曜日の朝、嫁の命令で油を使わないポテトチップスを
電子レンジで作る。



作り方は↓
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=134

聞けば、孫にとっては初ポテトチップスだと言う。

爺としては、記念に写真を撮ることにする。

孫は2歳の誕生日を迎えたばかりである。
カメラを向けると条件反射的に2歳を示す技をポーズする。



見難いが、両手の人差し指を立てている。
合わせて2歳。(柔道のあわせ技か!)

もう一度、孫に主旨を説明し(子供にもガチンコである。)
↓写真を撮る。



食べてる。食べてる。

私は満足して会社に向う。
嫁と孫が見送ってくれたので、もう一枚撮る。
(内輪ネタで申し訳ない。)



話を変えよう。会社のゴムの木の話である。
おふくろの形見である。(待て!おふくろは生きている。)

北九州では「ゴムの木」は外に放置していても越冬する。
元気な奴である。(人間なら・・・。)

その「ゴムの木」が、伸びすぎて庇の梁に微妙に接触している。



挿し木にするしかない。
注意しておくが、「ゴムの木」の正しい挿し木の方法は
知らない。(知らないなら書くな!と罵声を浴びそうであるが、
これは備忘録である。)

オチは無いからここで、読むのをやめてもらってよいが、
できればポチっとしてほしい。

人気ブログランキングへ
 
実は「ゴムの木」の挿し木は昔、一度、やったことがある。
その関係で材料がすべて揃っている。
やり方を忘れているだけなので、多分うまくいくんじゃないか?
(↑無責任)

材料:


/絅乾
▲淵ぅ
ハナタイ(ムエタイではない!)
ぁ峅,垢世吋戞次」
ゥ襦璽肇鵝僻根促進剤)
Ε咼法璽

手順
 峅,垢世吋戞次」を回りの下水溝に噴霧する。
(この時期、これをしないと100%蚊に刺されます。)

眼鏡をはずす。(老眼で手元見えません。)


切りたい部分のフシとフシの間を木部がきれいに見えるまで
カッターナイフで削る。(外皮が残っていると根が出にくい。)



ぁ嵌根促進剤」まぶす。(塗りすぎ?有効期限切れてるから
良いんじゃないか?←いいかげん。)



タ絅乾韻魎いて、ビニールで2重に巻く。
上下はハナタイで留める。
(私の場合、下はきつく、上は少しゆるく留めてみた。)



Εッターナイフを洗う。
(石けんで徹底的に。舐めても良いくらい。)

Ъ蠅鮴う。
(石けんで徹底的に。舐めても良いくらい。)

┘咼法璽襪両紊良分から時々注水し、水ゴケが乾かないように
していると、いつか根がでるんじゃないか?(←いいかげん)

根が出たら、根のでた部分の下(←ここ重要)で切り別の鉢に植える。

さて、ブログのカテゴリーは「アポロ13号魂」である。
何でも身近なものでやり遂げる精神である。

テレビ番組でいきなり、家に押しかけ、「●●」を24時間以内に
作れというのはどうか?買い物・外出不可で、その瞬間から24時間
缶詰である。題して「アポロ13号魂」。いまいちか・・・。

賞金が高ければ、ぜひ参加してみたい。

「おうちで作ろう。」は?(←「田舎に泊まろう」のパクリである。)

人気ブログランキングへ

宴会の約束も必ず守る良い男(←私?)

「ゲンニップ」ネタである。

先日の宴会で、「ゲンニップ」作ってあげるよと、
3人と約束した。

プランターでも「えごま」の収量は1週間で約20枚(手のひら大)で
あるから、3週間もかかる一大事業である。

1週間で↓



おとこなら、約束は守る。(常識である。)

韓国産とうがらしは「ユウキ」のが良い。
安いのを見つけた。↓



↑へたくそな写真である。実際には↓



200gが4つ。800gで1924円である。

昨日、一人目の方用の「ゲンニップ」を作った。

レシピであるが、ちょっと分量をメモってやってみた。
(いつもはてけと〜)
,┐瓦泙陵20枚位
⊂潴200cc
みりん100cc
い酒50cc
ゴ攅饂催眇瓢30g
Δ砲鵑砲1カケ

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=128

↑と組み合わせると一応、レシピ完成?である。

3回作るという約束をしたことで
レシピ(原案にすぎないが)が出来上がった。

最初の人の感想を聞ければ、次は改善できるだろう。

いきなりだが・・・・。

最近の若い人はどうにか余分な仕事をしないように
していないか。

話を聞いてしまったら、引き受けさせられると思うのか?
最初から「私、しませんから・・・。」とか「僕ははやりません。」と
宣言をしてくる。

余分な仕事による経験からしか得られない何かがあると
思うのだが・・・。

「やってみます!」とか「教えてください!」とか活きの良い若者は
いないのか。

話を変えよう。
6月になって同僚のIT氏に第二子が誕生した。(おめでとう。)

みんなで、お祝いをすると言う。(出産祝い)
今、流行のデジタルフォトフレームである。
肝は「赤外線通信できるもの」だそうだ。
携帯電話で撮った写真をケーブルとかで接続せずに
転送できるらしい。

で、私が梱包を引き受けた。
昔、お中元・お歳暮のアルバイトでやったことがある。



HS氏がマチ付きの袋にしてと言う。



という訳で「梱包」なら、いつでもやりますです。

人気ブログランキングへ

ポテトチップを電子レンジで作るの巻

立派な「じゃがいも」をいただいた。



庭でできたのだと言う。(ありがとう〜)

HS氏によると、電子レンジでポテトチップス作れますとのこと。
アマゾンで調べ、↓を発見した。



送料込みで1000円しないのか!早速、注文する。
それが翌日に届いた。

スライサーがうまく使えず、薄くなった^^;
(塩水につけて塩加減を調整。24枚まで作れる。)



それでも電子レンジ(500ワット)で7分経つと、



硬くなった。焦げ目もある。

お皿に盛り付けると



味も姿もポテトチップスである。
これのこそ!

人気ブログランキングへ

コカコーラパークで再び。

その後も時々「缶拾い」をしている。

その後の「その」とは、以前拾った缶についていたシールで
500円相当のYahooポイントを当てたことである。

今日もコカコーラサイトより
拾った缶についていたシールで挑戦してみる。







Tシャツが当たった。

当選者のコメントもしっかり書いた。



拾ったシールであたっちゃいました!
それが何か・・・。

顰蹙を買いそうなコメントである。
が、送信してしまった^^;

さらなる顰蹙を買わないために
そのTシャツで缶拾いするのだけは辞めておこう・・・。

人気ブログランキングへ

「ゲンニップ」って全国区だったのか・・・。



↑ゲンニップを作るためのとうがらしです。200g×4入り

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=128

↑ゲンニップの作り方(材料:えごまの葉)


今朝、家のベランダをうろうろしていると
嫁がいつのまにか買った「バジル」を発見した。



148円である・・・。

通勤途中に「粘土団子」を見て回る。



昨日の大雨にもかかわらず、健在であった。

アフィリエイトについて書く。

A8.net(エーハチネット)というアフィリエイトサイトより
初めての振込みがあった。

アクセスさえ増えればそれなりにチャンスはあるのだと
思うが、いまいちアクセスが伸びていかない。
私の営業(アクセスアップの)が足りないせいかも・・・。

1日300アクセスのブログの先輩にお話を
お伺いしたことがあるが、私のブログの場合、
知人には知らせないほうが、良いものらしい。

「紹介すると逆に損をしますよ。」と言われた。

知人に紹介すると損をするブログって何?

さらにお尋ねすると

「とにかく、損しますから・・・。」とのこと。

さしあたって認めるしかない^^;
相手は300アクセスなのだから。

知人に紹介できなければネット上で
検索してもらうしかない。

やはり、コツコツ、地道にレアなキーワードを
織り込んでいくしかないのか・・・。



ところで、「ゲンニップ」をテレビの深夜映画で見た。



「THE 焼肉MOVIE プルコギ」の中で
作ったり食べたりするシーンがある。

この映画の舞台は北九州市若松区であるが、
小倉北区でもロケをしている。
探せば行けそうな場所が随所に出てくる。
地元の人間にはたまらない一作かもしれない。

人気ブログランキングへ

座椅子でつぶしたのは私です。

ヨナヨナ、粘土団子を播きに行く。
街路樹の根元や、歩道の植込みが狙い目である。
通勤途中の経路に播けば、毎日様子が見られる。


気が向いたら探してくれ。見にくいぞ。)
(↑ウォーリーかい!)←ここいらんかも。

大中小で3個ずつセットに播く。(団子3兄弟を参考にした。)

そだ!古いアルバムから「セキセイインコ」の写真を見つけた。



多分、全部が自宅で繁殖したものである。
「インコ」などの鳥を飼うのは好きだった。
「文鳥」や「十姉妹」も飼った記憶がある。

子供の頃は
母に言わせると
「蟻」を取るのが大好きな子供だったらしい。


(昭和35年5月盛岡市岩手公園)

記憶としては「蟻」はたくさんつぶした・・・。

確かに母もそれには気がついていたと思う。
しかし、「蟻をつぶすのが好きな子供」だったと
アルバムに書く親はいないと思う。(親はありがたい。)


ついでに11ヶ月の私。(釜石市鈴子のアパート)

こんな子供があと数年もすると
蟻を虫眼鏡で焼いたりするとは・・・。
時として子供は残酷である。

虫眼鏡は勉強になった。
蟻の巣の入口に焦点が合うように固定したはずでも
時間が経つと位置がずれている。

そうです。地球は動いているんです。(地動説)

冒頭のインコではないが・・・。
「ピーチャン」というセキセイインコを飼っていた。

突然、亡くなって大泣きしたことがある。

ごめんなさい!

座椅子でつぶしたのは私です。

座椅子にはさんで、そこから出てくる「ピーチャン」と
遊んでいただけなのに・・・。(合掌)

それ以来、「座椅子」を見るたびに、罪の意識に苛まれている。
(私の家には座椅子は無い。)


人気ブログランキングへ

粘土団子の話(長いぞ!)

釜石市の「SIRONEKO」さんから
アップした画像が「バジル」ではなく、「ミント」ではないかと
お教えいただいた。

「バジル」も「ミント」も同じハーブの仲間である。
「バジル」が自生できないはずはない。
負けず嫌い魂に火がついている。

北九州市に「バジル」が自生していないのであれば、
自生させればよいのである。「粘土団子」を使えば
自生させられるような気がする。

実家に向かい、粘土団子用の赤玉土をもらうことにする。

「自生」とは勝手に生えていなければいけない!
母に話すと、「あるよ。」と言う。



たしかに畑の片隅に「バジル」がある。
私:「これって勝手に生えてくるの?」
母:「うんにゃ、苗植えたよ。」

私:「・・・」(自生ではない^^;)

しかし、おいしそうである。
聞けばスパゲッティに入れると言う。

適当な長さで2本ほど切って持ち帰る。
源義経思考すると、シソ科であるから、挿し木ができるはずである。
大きな葉をちぎって、茎を「ルートン」(発根促進剤)につけて
プランターに植える。





先日、買った「バジル」のタネが「粘土団子」で育たなかったときの
偽装工作用である。

一方、立石班は・・・。(←これ、もう、やめんとな・・・。)

一方、葉は最近はまっている「塩焼きそば」にいれてみる。




普通に、いや!とても、おいしい。

となれば、さっき捨てたスープもおいしいのでは・・・。

フ、フ、フ、(←笑ってる。)
スープを捨てるほど、あまちゃんではない。


(↑なぜか、HS氏のカップ)

いつぞやのラーメン粉末スープを加え、飲み干す。


絶品である!

ラーメン粉末スープがなぜあるか、知りたい方は↓
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=1

さて、長くしつこい話になっているのは自分でもわかっている。
ただ、普通それが反省となるのだが、今は違う。
むしろ、快感である。(多少、酔っている。)


(自分のカップである。)

さて、話を戻そう。
「バジル」自生であれば、タネを粘土団子にして
播くしかない。(粘土団子は福岡正信氏の提唱する自然農法より
想像して作った。一般の方は正しい知識を得てから行うことを
強く警告する。)



冷蔵庫に保存していた「えごま」「スイートバジル」「あけび」「朝鮮五味子」
「スイカ」のタネをてけと〜に加え、赤玉土で粘土を練る。


(なぜか、職場台所のボール)

そして、粘土団子が完成する。



四十八士にちなんで48個にしてみた。
(↑ウソです。もっと多いみたい・・・。)

明日、乾いたら、播きに行く予定である。
この「粘土団子」こそが、福岡氏秘伝の砂漠緑化素材なのである。

その翌朝、HS氏との会話。

HS氏:「これ何ですか?」
私 :「粘土団子ですよ。」
HS氏:「で、粘土団子って何ですか?」
私 :「いろんな種いれて赤玉土練ったやつです。」
HS氏:「ふ〜ん。」
私 :「バジルを自生させようと思ってね。」
HS氏:「粘土団子と言うよりフンコロガシのフンですね。」
私 :「たしかに・・・。」
HS氏:「でも正しくはフンコロガシのフンじゃなくて牛とかのフンですよね?」
私 :「がははは!うんだねぇ〜〜。」

フンコロガシは自分のフンを転がしてはいない。


人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2808 最後に更新した日:2017/07/29

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM