ブログはパワーアップするか(2)

という訳でクリック報酬のバナーを中心に活動している
「これのこそ!」である。

「これのこそ!」は加齢臭漂う初老のオヤジにブログやアフィリエイトが
こなせるのか。という自虐的ブログである。
むずかしいことはさっぱりわからないのである。

「これのこそ!」は防備録でもあるので、
意味は「これ残そ!」である。

その後の活動をまとめると

.▲泪哨鵐▲愁轡┘ぅ
商品リンクはできるようになった。

■8net
ペーパーボーイと提携(バナークリック2円)
リブート蠅板鷏函Д僖愁灰鵑稜禺茵Ц積りで100円
サントリー蠅板鷏函聞愼で5%)

バリューコマース
Yahooショッピング
使い方が今一歩分からず、自滅状態。

3月の確定報酬額28円である。

さて、ブログを長くやってる方とお話する機会があった。
アフィリエイト報酬は1年間で1万円くらいとのことであった。
この方はジャズとかお酒のネタが多い。
「ビートルズのCDセット」のような高額商品が
いくつか売れたのが大きかったそうである。

やはり、そのネタでは人から一目置かれるような存在で、
そのネタ関連商品リンクが良いというのは正しいと思う。

しかもそのネタがニッチであるほうが良いのだ。

私は人に自慢できるものなどない!(←自慢か?)

大食い・・・。確かに大食いかもしれない。
最近、「ちょっと太ったんじゃない?」とよく言われる。
君達、何か勘違いしていないか?
私は体重維持の努力を惜しまないだけなのだが・・・。
「私の理想体重は、0.1トンなのですよ。」とか
「日々、努力してます。」と言うとかなり
相手は引き気味となる。

他に自慢と言えばダジャレくらいか?
「見ざる、言わざる、着飾る。」
これはうけないだろう。

いっそ、嫁の失言録にするか?

ホテルにて
嫁 :「ホテルの人って大変よねぇ。」
私 :「何で?」
嫁 :「だって、参勤交代あるんでしょ。」
私 :「えっと、」
嫁 :「大変でしょ、あれ。」
私 :「もしかして三交代?」
嫁 :「同じでしょ。」
私 :「・・・。」
嫁 :「同じだよね?」
私 :「・・・うん。」

こういうネタにはつきないが・・・。

それは避けたい。危険な香りがする。

人気ブログランキングへ

タクシー考(2)・・・(2)でしたっけ?

さて、昨日のブログで、何がおもしろかったかと言うと
虫のお父さんってところです。いもむし限定ですが・・・。
本来、虫は成虫になると、姿が変わります。
虫のままのお父さんがでてくるところがおもしろいと
思ったのですが・・・。

さて、

仕事後、出入りの問屋さんと町(小倉繁華街)へでる。
食事は紺屋町の「しらいし」へ、運良く空いている。
季節のてんぷらを食す。品揃えが見事である。

「つくし」「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」「・・・」忘れてる^^;
説明してもらった内容をほとんど忘れている・・・。
蕎麦もいつもどおりおいしかった。
いつか詳しく紹介したい店である。

行きつけのバーへ向う。
ここは紹介しない。隠れ家である。

ひさびさにバーボンをのむ。
お勧めで
ベリーオールドセントニックをのむ。


53.5度である。かなり力強い。
「ガツン」とくる。男のバーボンである。
若い頃の私にそっくりである。(誉めすぎ?)

マスターとこいつが熟成したらどうなるんだろうと話した。

マスター:「ここにはないけど、25年までありますよ。」
私   :「のみたい!」(我慢できない性格である。)

私   :「25年キープするからとっておいて」(ここ重要!試験でないけど)

また、隠れ家に行く楽しみができた。

TM氏に電話する。(帰りのタクシー要請)
今日は休んでますとのこと。
残念である。

地元でよく使うタクシーも見当たらない。
フラフラとバス停に向かうと結構、待っている人がいる。
終バスの匂いがする。

1分もしないうちに家路の途中まで乗れるバスが来る。
当然乗る。
地元タクシー基地付近で降りて、
1台残っていたタクシーに乗る。

「こいつ、一言も口をきかないつもりらしい。」
必要最低限以下の会話で終わる。

最後にこのタクシー会社のポイントカードを出す。
機械的にハンコを押し、日付けを記入し、
「ほい」とばかりに返してくれた。

「「ポイントカード」はお持ちですか?」の一言は無かった。
私が出し忘れたら終わりのポイントカードである。
それどころか「ありがとうございます。」「また、お願いします。」すら
無かった。イエローカードをお見舞いしたい乗務員である。


昨今、近くのDIYの店にもポイントカードがあり、
必ず、レジで聞く一言がないのである。
「ポイントカードはお持ちですか?」

しかも、このカードはこの乗務員のスタンプで
20ポイント全部貯まることになる。

「使えるのは次回です。」とか、「新しいカードどうぞ。」とか
一切ない。

突っ込めば切りが無い。

そもそも、金額設定がないのがおかしい。
ワンメーターでも3000円でも1ポイントはどうなんでしょ?

お客さんが出し忘れたら、終わりというのはいかがか?
補助券みたいなのがあっても良くないか?

19ポイントのカードに押した乗務員に決めセリフはないの?
「いつもありがとうございます。」って言うと損するのか?

TMさんなら「おっ、19ポイントですね。私が最後の1発押させて
いただきます。いつもありがとうございます。」

タクシー乗務員は
「ありがとう。」の言葉をかみ締めながら(山口百恵かい!)
ハンドル握って損は無いと思うのは私だけだろうか?

人気ブログランキングへ

セイジリーフの燃やし方

 パワーストーンの関連商品に「セイジリーフ」がある。


セイジの葉を乾燥させたもので、燃やしたときの煙で
パワーストーンや部屋の浄化をするらしい。
(パワーストーンの浄化は水晶のクラスタでも行うらしい。)


白っぽいので「ホワイトセージリーフ」というアメリカ産の商品らしい。
これを一袋いただいた。

「ホワイトセージリーフ」はシソ科の多年草である。
古くはインディアンの儀式でも使われたらしい。

源義経は「一の谷の合戦」の、「ヒヨドリ越え」の難所で家来に尋ねる。
義経:「この坂を下りた者はおじゃるか?(いますか)」
家来:「土地の者が鹿が下るのを見たことがあると申しておじゃります。(おります)」
義経:「鹿が4つ足なら、馬も4つ足、同じ4つ足なら下れぬことは
おじゃらんであろう。(ないであろう)」
家来:「・・・」
義経:「それ、行け〜!」(アンパンマンかい?)

何ともランボーな話である。(スタローンの「ランボー」と掛けてます。)
鹿は人を乗せずに下りたのである。

多分、二の足を踏む家来と義経の間に入った武将の抜き差しならない
状況が目に浮かぶ話である。(中間管理職である。)

多分、突撃の決めゼリフはこうだ。
「皆さん、飛び降りてますよ〜。」

↑で笑えなかった貴方は
↓参照してね。
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=5

話を戻そう。

「シソ」もシソ科、「ホワイトセージリーフ」もシソ科、同じシソ科なら
日本で育たぬ訳はない。

「タネがほしい!」

早速、ヤフったりググったりして見る。

どうにか種子を入手。

いただいた「ホワイトセイジリーフ」を燃やす器具を作った。
針金・クリップ・空き缶を利用したものである。


クリップで挟んだ葉を針金で吊るし、
火をつけて葉が半分くらい燃えたら、火を消すのである。

お線香とか、香港・マカオのお寺の臭いがする。
私の主な使用目的は加齢臭をごまかすためである。
缶の器具には欠点がある。

〆埜紊泙任れいに燃えない。
▲リップが強力すぎて葉が砕けることがある。
クリップが燻されて黒くなる。
ぅリップが時々、缶の中に落ちる。

ある日、H氏が「これ良いですよ。」と100均のメモクリップと
皿を持ってきてくれた。



クリップの金属の柄をペンチで曲げるのが肝である。
葉の先端が下を向くように、クリップも下向きである。
これで、 銑い垢戮討侶臈世解決できた。

メモクリップとして売られている器具の本来の目的を
すっかり忘れそうな一品である。

今日もいつものようにセージリーフに火をつけた。

「ぎゃ!」

私は何か虫の卵らしきものが付着している葉を燃やしてしまった。
卵は3mmほどの球形である。

すぐに火を消したが、間に合わなかった。

球形のそれは葉の奇形とは明らかに違う。

成分組成が葉とは異なるのであろう。
その部分の燃え方もかなり赤い。

もしも中にいも虫でもいたらどうしよう・・・。

いも虫のお父さんが出てきて、「どうしてくれるんだ!」騒ぎ出したら
国際問題になる^^;


虫眼鏡でよく見ると卵の先端に穴が開いている。

やった!奴は脱出していたのだ。

人気ブログランキングへ

才尾の一本桜(福岡県豊前市)

 湯布院に行った。
一番有名な通りは、春休みの休日とあって
黒山の人だかりである。
通りすがりのおじさんがポツリと語った。
「まぁ、なんだぁ。これ軽井沢と同じやね。」

前回来た時より、町にハングル文字が多くて、韓国人がやたらに多い。
それ以外は
いつも通りの湯布院すぎて、書くことは無い。

帰り道、福岡県豊前市走行中、嫁が
「ねねね、あの桜見たい〜。」と言い出した。

遠くの牧場あたりであろうか?
確かに桜の大木が1本見える。
かなりの大木と推察される。

表題の「才尾の一本桜」であることは後で判明する。
(北九州方面からのルートは最後に詳しく口述いたします。)

カーナビに従い、勘で走る。

桜のあるはずの場所にかなり近づいたとき
(北九州から近づいていない。北九州からだと行き過ぎのトイレ)
きれいなトイレ(↓)を発見する。

毎日、掃除しているぽい。(感謝)
地元の人の財産であろう。
使うなら絶対に汚してはならない。


肝心の入口付近には駐車できない。

入り口↓


入り口から
牧場の中を延々と登ることになる。
年寄り(私)にはきついルートである。
牛さんの堆肥の香りを嫌でも、しこたま吸うことになる。

君たちは考えたことがないと思うが、
(谷岡ヤスジ曰く)
「牛にとっては世の中すべてが牛のものである。」

さて、
入り口から30分は登り続ける覚悟で来てほしい。
しかし、その価値は十分にある。見事な桜である。


北九州方面からのルート
国道10号線を南下、
椎田道路(普通車400円)を経て、
「豊前おこしかけ」を通過後、数キロ(?)
「大村入口」信号通過したら右車線へ
「天地山公園入口」信号を右折(南方向)、
「天地山公園入口」信号は豊前警察署の手前
あとは黄色いセンターラインに沿って道なり。

信号の無いト字路が入口であるが、
付近は赤いコーン(パイロン)いっぱいで駐車できない。
400mほど進行し、ポストの切れ目に路注(自己責任)。
北九州からだと、きれいなトイレまで行ったら、行き過ぎ。
トイレ周辺は楽に駐車できるが、入り口まで800m戻ることになる。
それでも1時間以内に「一本桜」到着と思われる。

平日であったので、路注できたのかもしれない。
日曜祭日であれば、このきれいなトイレ付近が正式な駐車場かも
しれない。

お帰りは前にこちら↓ポチっとしていただければ(感謝)
人気ブログランキングへ

「ミカンの苗木」130本

 校庭に「ミカンの苗木」130本を植えた人がいる。
85年前の売買が登記されていないらしい。
土地は「保存登記」「移転登記」していないとややこしい話になる。

違う場所に植えていたらと考えるのは私だけだろうか?
荒れ果てた山とか、砂漠・・・。
とても偉い人になれるかも知れない。
虔十の如く・・・。
あるいはエルゼアール・ブフィエの如く、
さらには杉山龍丸の如く・・・・。

ミカンではなく、芝生を植えても偉い人になれるかも知れない。
ニール・スミスさんという人が小学校などの校庭を芝生で
緑化する指導をしていると聞いたことがある。

バミューダグラスの中の「ティフトン」という品種が良いのだそうだ。

方法はポットを作り1屬5個くらい植える。
1ポット20円ほどなので1屬△燭100円である。
6月に植えると65日で芝になるという。
傷に強く、立ち入り禁止の必要がない。
これが「鳥取方式」?(未確認)

さて、他人の土地でも20年以上占有すると、
占有者ものになると言うのは案外知られていない。

(他人の土地と知らない)善意の第三者であれば10年ではなかったか
と記憶している。(未確認)

さて、他人の土地を借りて、その上に建物を建築し自分が
所有するケースがある。
私としては絶対に避けたい状況である。

中には「将来的には売りますが、今は貸してあげます。」
というケースがあり、最悪である。
それを信じて建物を建てたらもう、地獄ではないか?
いくら支払っても土地は自分のものにはならない。
所有者が亡くなりでもしたら、大変である。
相続人が一人とは限らない。
そして新しい相続人が今までと同じ条件で貸してくれるとは
限らない。
「将来的には売りますが・・・」とは私には信じられない言葉である。

建物をたてて商売しているなら、泣く泣く地代の値上げを
のむしかない地獄が待っている。

土地・建物ともに自社(自分)名義でスタートするのが最良である。

こういうケースがある。
会社を作り、建物をたてることになる。
良い物件(土地)があったが、自己資金が足りない。
たまたま、奥さんの預金で土地が買える。(子供はいない。)

奥さん名義の土地を会社が賃貸することになる。
その上に会社が建物を建てる。

これは最悪である。奥さんが不慮の事故で亡くなれば
親戚がでてくる。同じ条件で貸してくれるように決着するか
はわからない。すぐに買い取るべきである。

そもそも、正しくは会社が奥さんから借金をすべきであった。
借用書を書き、利息を払うのである。
あくまで、土地の名義は会社にすべきである。
「それ以外に選択肢はない。」

「それ以外に選択肢はない。」
日産を立て直したときのカルロス・ゴーンの言葉である。

人気ブログランキングへ

PL4526Wレビュー(LED電球)

 LED電球「PL4526W」

LED18灯、車のルームランプをLED化したことがあるが、
その時はLED6灯であったと記憶している。

口金E26:一般家庭で最も多いサイズである。
消費電力1.4w。明るさ5w相当。

8畳ほどの部屋で試してみる。

当たり前だが、暗い。

ぎりぎり、直下の机で説明書が読めるかも知れない。
明るさ5w相当。間違いない!

人気ブログランキングへ

180センチの頭だ!

 最近、嫁にいじめられるストレスからか、
テレビに突っ込みをいれる現象に悩まされている。
突っ込んでから「しまった。」と思うのであるが、
間に合わない。

家ならまだ良い。
ラーメン屋さんのテレビや
目上の方の家でも
タクシー内のテレビでも
所かまわずである。

ドラマで女優さんがロケシーンをやっていて
「本番いきま〜す。」などと言おうものなら
即座に「嫌です。絶対!」と女優さんに成り代わって
突っ込んでしまう。

本番と言えば、●Vにも突っ込む。言葉を間違えでもしようものなら
「クリエイターって何?クレーターの間違いでしょ。」
「●ェロチアって何?●ェラチオじゃない?」
これは一人のときなのでさほど問題にはならない。


いきなりですが、君は「とうてんこう」って知っているか?

これは、中華料理屋さんの名前で、東京のどこかにあると
思う。東天紅と書くはずである。
私が大学時代に時々、食べたことがあり、
九州では食べたことがなく「とうてんこう」と聞くと
当時を思い出す懐かしい言葉となっている。

当時を思い出すなつかしい言葉には
「さんちょう」(店の名)「がらんどう」(店の名)「白鳥会館」(パチンコ屋)
など店の名前が多い。

話を戻そう。

サッカーの試合が中継されていた。
相手国の選手の一人が「とうてんこう」という名前だったのだ。
私 :「がはは、とうてんこうだぞ。」
嫁 :「それがどうしたん?」
私 :「とうてんこう知らんのか?」
嫁 :「知らんよ。●国の人やろ。」
私 :「うん・・・。」(話が続かない・・・。)

その時、アナウンサーが叫んだ。

「でたぁ〜。平山の180センチの頭だぁ〜。」

私 :「おい、180センチの頭ってどこが180センチなんかな?」
嫁 :「身長やろ。」
私 :「うん・・・。」(やはり、話が続かない・・・。)

人気ブログランキングへ

男ならすばやく決断せよ。

 年をとると、せっかちになると人は言う。
最近、嫁から「この人はせっかちだから・・・。」と揶揄されることが多い。

私はこれは誉め言葉と理解している。
せっかちは決断が早いのである。

決断が早いから、失敗も多い。
嫁から「だから、失敗すんのよ!」と怒られることも多い。

これも誉め言葉である。
ユニクロの柳井社長が「産直野菜」を売ると決断したことがある。
結果は失敗であった。
柳井社長の座右の銘はたしか「人生1勝9敗」ではなかっただろうか。

多分、柳井社長はこの失敗で多くのものを得たに違いない。
9敗で得た知識をもとに、勝ち取った1勝で9負以上の利益
があれば、すごいことだと思う。

要するに、失敗が多くなければ成功できないのである。
失敗を数多くするには、決断を早くする必要があるのだ。

時々、遊びに来るT氏は好青年である。
時にはズバっとありがたいアドバイスを頂戴する。
例えば「もう少し、考えてから発注したらどうですか?」

彼は若いのである。ゆっくり考える暇がある。
私には時間が無いのである。考えるより行動したほうが
結果、得をすることが多いと信じている。
自分の直感を信じて、即断する。
これは意識して行っている。

失敗に関して述べれば、エジソンの話はあまりに
有名だ。電球を作るのに何回失敗したか・・・。

私たちは子供の頃から、失敗をダメなこととして教育されている。
そこがネックになる。失敗する原因ばかり考えるようになってしまう。
チャレンジ精神をもっとかきたてる教育も必要と思う。

思考回路も失敗を恐れたものになりかねない。
何かの変化に対して過敏に反応し、新たな行動を
起そうとしない。マイナス思考となっている。
マイナス思考すると、失敗する原因ばかりを考えてしまい、
行動に移ることができない。

プラス思考すべきである。
「もし、やるとすれば、どうしたら良いか。」と考えるのである。
成功する条件を考えるようにすると、思わぬ解決の糸口が
見つかることがあるものである。

先入観を捨てることも必要だ。
私の場合、嫁がさしみを出し、誤って「ソース」などを
もってきても、取りあえず使ってみることにしている。
納豆にジャムでも・・・。

「シュールストレミング」出されても、食べる気持ちは
持っている。
「シュールストレミング」、世界一臭い缶詰である。

君も食べてみないか?

人気ブログランキングへ

タクシー考

 最近、「タクシー」について考えることが多い。
一般に「タクシー」の利用客は「タクシー」を選ばずに
乗っている。

「サービス」の悪いタクシーが多くても淘汰されることが
無いので、なかなか「サービス」が向上しない。

「サービス」の良いタクシーが儲かる仕組みがなければ
「サービス」は向上しない。

では、どうすんの?

以前、「居酒屋タクシー」が問題になった。
官僚が公費でタクシーに乗り、ビールなどの接待を受けていたのだ。
では、一般人が自分のお金でタクシーに乗り、ビールなどの接待を
受けたらどうだ?
私はビールののめるタクシーに乗りたいと思う。
しかし、一般人は残酷である。
もし、そういう一台に乗ったら、次のタクシーでは
「前のタクシーはああだった。こうだった。」とさんざんまくし立てるだろう。

結局、私としては小倉の繁華街から自宅までの往復に7000円の
タクシー代がかかっている。
「がーまるちょば」1名2時間4500円と比べると
余りにも空しい消費活動である。
まさに「もったいない。」

テレビつきのタクシーがある。
しかし、ダッシュボードについているのはなぜか?
お客さんはオンオフ、選曲もできない。音量調整もできない。
「運転手さんのためについてる。」と言われても
仕方あるまい。お客さんにとっては見たくないテレビもある。
ラジオも然りである。

カラオケのできるタクシーもあるらしい。
ベンツのタクシーに乗ったこともある。
そういうのはすべて個人タクシーである。
個人タクシーは一般のタクシーで10年乗務経験が
いるらしい。

個人タクシーにしか乗らない人がいる。
愛想の悪い運転手さんに当たる確率が減るらしい。

いつか、タクシーネタでのんで
盛り上がりたい。
「どんなタクシーに乗りたいか。」

I氏なら「おねえちゃんがいっしょに乗ってくる」
K氏なら「車を分解させてくれる」
T氏なら「コンピューターが使える」
嫁なら「ファーストクラスの飛行機にのった感じ」
私のはちょっとむずかしいぞ。
「乗車中は小話で笑わせ続け、降りる瞬間、最後のオチも決める。」
人気ブログランキングへ

100均のドライバーの修理

 100円均一の店やDIYの店でよく売っている
ドライバーセットをご存知だろうか?
ドライバー8本と「柄に差し込む太くする奴」が
プラスチックケースに収まったものである。
なぜか、どこの家にもありそうな品物である。
通常、下駄箱の中に置いていないか?
コンパクトで便利だ。
(使う可能性の低いものも含まれているが、
そんなの関係ない。)
メガネのネジには使えない。
ハードディスクのネジにも使えない。
六角のネジも回せない。
そういうことには関係なくよく売れている。

さて、8本のうち1本が壊れた。
こういう場合、必ず1番使うものから壊れる。

普通の人なら新しいセットを買うだろうが、
何と無く釈然としない。釈然としないまま、放置しておいた。

ある日、偶然に(クマさんには出会ってない。)
木の棒を見ていて、思いついた。
「直せる!」

ケースに木の棒を差し込んでみると収納も完璧だ。
こうなるともう、この木の棒はドライバーの柄にする
以外の用途が思いつかない。


まず、慎重に計測し、柄の長さと開ける穴の大きさ・深さを決める。
あとは行動あるのみ。


柄にあなを空け


エポキシ系接着剤を充填する。

柄は切り出しナイフで6角形に削り、完成である。
良い出来だ!

あれれ、蛍光灯の電気が切れた。


交換すれば終わるというわけにはいかない。
実はすべてLED化している。
LED電球は普通切れない。
こういう場合、ACーDC変換器が壊れている可能性
が高い。
早速、作ったばかりのドライバーの出番である。
と書きたいところだが、接着剤が乾いていないので、
他のドライバーで代用する。
「直さなくても代わりがあるじゃん!」と罵声を浴びそうである。

余談だが室内配線工事には第二種電気工事士の資格が
必要である。



予想通り、変換器が壊れている。
交換して無事、LED電球が灯る。

さて、柄をつけたまま、ドライバーを無くした。
完成写真を撮ることなく無くした。

置き忘れである。

こうして、さっきまであったものが
あるべき場所から消えることはよくある。

人はこれを超常現象と言う。
私も周りでは超常現象がよくおこる。
とくに最近・・・。

完成した美しい姿を想像する栄誉を
読者(いないが)に送る。
人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2717 最後に更新した日:2017/04/29

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM