ポテトチップを電子レンジで作るの巻

立派な「じゃがいも」をいただいた。



庭でできたのだと言う。(ありがとう〜)

HS氏によると、電子レンジでポテトチップス作れますとのこと。
アマゾンで調べ、↓を発見した。



送料込みで1000円しないのか!早速、注文する。
それが翌日に届いた。

スライサーがうまく使えず、薄くなった^^;
(塩水につけて塩加減を調整。24枚まで作れる。)



それでも電子レンジ(500ワット)で7分経つと、



硬くなった。焦げ目もある。

お皿に盛り付けると



味も姿もポテトチップスである。
これのこそ!

人気ブログランキングへ

コカコーラパークで再び。

その後も時々「缶拾い」をしている。

その後の「その」とは、以前拾った缶についていたシールで
500円相当のYahooポイントを当てたことである。

今日もコカコーラサイトより
拾った缶についていたシールで挑戦してみる。







Tシャツが当たった。

当選者のコメントもしっかり書いた。



拾ったシールであたっちゃいました!
それが何か・・・。

顰蹙を買いそうなコメントである。
が、送信してしまった^^;

さらなる顰蹙を買わないために
そのTシャツで缶拾いするのだけは辞めておこう・・・。

人気ブログランキングへ

「ゲンニップ」って全国区だったのか・・・。



↑ゲンニップを作るためのとうがらしです。200g×4入り

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=128

↑ゲンニップの作り方(材料:えごまの葉)


今朝、家のベランダをうろうろしていると
嫁がいつのまにか買った「バジル」を発見した。



148円である・・・。

通勤途中に「粘土団子」を見て回る。



昨日の大雨にもかかわらず、健在であった。

アフィリエイトについて書く。

A8.net(エーハチネット)というアフィリエイトサイトより
初めての振込みがあった。

アクセスさえ増えればそれなりにチャンスはあるのだと
思うが、いまいちアクセスが伸びていかない。
私の営業(アクセスアップの)が足りないせいかも・・・。

1日300アクセスのブログの先輩にお話を
お伺いしたことがあるが、私のブログの場合、
知人には知らせないほうが、良いものらしい。

「紹介すると逆に損をしますよ。」と言われた。

知人に紹介すると損をするブログって何?

さらにお尋ねすると

「とにかく、損しますから・・・。」とのこと。

さしあたって認めるしかない^^;
相手は300アクセスなのだから。

知人に紹介できなければネット上で
検索してもらうしかない。

やはり、コツコツ、地道にレアなキーワードを
織り込んでいくしかないのか・・・。



ところで、「ゲンニップ」をテレビの深夜映画で見た。



「THE 焼肉MOVIE プルコギ」の中で
作ったり食べたりするシーンがある。

この映画の舞台は北九州市若松区であるが、
小倉北区でもロケをしている。
探せば行けそうな場所が随所に出てくる。
地元の人間にはたまらない一作かもしれない。

人気ブログランキングへ

座椅子でつぶしたのは私です。

ヨナヨナ、粘土団子を播きに行く。
街路樹の根元や、歩道の植込みが狙い目である。
通勤途中の経路に播けば、毎日様子が見られる。


気が向いたら探してくれ。見にくいぞ。)
(↑ウォーリーかい!)←ここいらんかも。

大中小で3個ずつセットに播く。(団子3兄弟を参考にした。)

そだ!古いアルバムから「セキセイインコ」の写真を見つけた。



多分、全部が自宅で繁殖したものである。
「インコ」などの鳥を飼うのは好きだった。
「文鳥」や「十姉妹」も飼った記憶がある。

子供の頃は
母に言わせると
「蟻」を取るのが大好きな子供だったらしい。


(昭和35年5月盛岡市岩手公園)

記憶としては「蟻」はたくさんつぶした・・・。

確かに母もそれには気がついていたと思う。
しかし、「蟻をつぶすのが好きな子供」だったと
アルバムに書く親はいないと思う。(親はありがたい。)


ついでに11ヶ月の私。(釜石市鈴子のアパート)

こんな子供があと数年もすると
蟻を虫眼鏡で焼いたりするとは・・・。
時として子供は残酷である。

虫眼鏡は勉強になった。
蟻の巣の入口に焦点が合うように固定したはずでも
時間が経つと位置がずれている。

そうです。地球は動いているんです。(地動説)

冒頭のインコではないが・・・。
「ピーチャン」というセキセイインコを飼っていた。

突然、亡くなって大泣きしたことがある。

ごめんなさい!

座椅子でつぶしたのは私です。

座椅子にはさんで、そこから出てくる「ピーチャン」と
遊んでいただけなのに・・・。(合掌)

それ以来、「座椅子」を見るたびに、罪の意識に苛まれている。
(私の家には座椅子は無い。)


人気ブログランキングへ

粘土団子の話(長いぞ!)

釜石市の「SIRONEKO」さんから
アップした画像が「バジル」ではなく、「ミント」ではないかと
お教えいただいた。

「バジル」も「ミント」も同じハーブの仲間である。
「バジル」が自生できないはずはない。
負けず嫌い魂に火がついている。

北九州市に「バジル」が自生していないのであれば、
自生させればよいのである。「粘土団子」を使えば
自生させられるような気がする。

実家に向かい、粘土団子用の赤玉土をもらうことにする。

「自生」とは勝手に生えていなければいけない!
母に話すと、「あるよ。」と言う。



たしかに畑の片隅に「バジル」がある。
私:「これって勝手に生えてくるの?」
母:「うんにゃ、苗植えたよ。」

私:「・・・」(自生ではない^^;)

しかし、おいしそうである。
聞けばスパゲッティに入れると言う。

適当な長さで2本ほど切って持ち帰る。
源義経思考すると、シソ科であるから、挿し木ができるはずである。
大きな葉をちぎって、茎を「ルートン」(発根促進剤)につけて
プランターに植える。





先日、買った「バジル」のタネが「粘土団子」で育たなかったときの
偽装工作用である。

一方、立石班は・・・。(←これ、もう、やめんとな・・・。)

一方、葉は最近はまっている「塩焼きそば」にいれてみる。




普通に、いや!とても、おいしい。

となれば、さっき捨てたスープもおいしいのでは・・・。

フ、フ、フ、(←笑ってる。)
スープを捨てるほど、あまちゃんではない。


(↑なぜか、HS氏のカップ)

いつぞやのラーメン粉末スープを加え、飲み干す。


絶品である!

ラーメン粉末スープがなぜあるか、知りたい方は↓
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=1

さて、長くしつこい話になっているのは自分でもわかっている。
ただ、普通それが反省となるのだが、今は違う。
むしろ、快感である。(多少、酔っている。)


(自分のカップである。)

さて、話を戻そう。
「バジル」自生であれば、タネを粘土団子にして
播くしかない。(粘土団子は福岡正信氏の提唱する自然農法より
想像して作った。一般の方は正しい知識を得てから行うことを
強く警告する。)



冷蔵庫に保存していた「えごま」「スイートバジル」「あけび」「朝鮮五味子」
「スイカ」のタネをてけと〜に加え、赤玉土で粘土を練る。


(なぜか、職場台所のボール)

そして、粘土団子が完成する。



四十八士にちなんで48個にしてみた。
(↑ウソです。もっと多いみたい・・・。)

明日、乾いたら、播きに行く予定である。
この「粘土団子」こそが、福岡氏秘伝の砂漠緑化素材なのである。

その翌朝、HS氏との会話。

HS氏:「これ何ですか?」
私 :「粘土団子ですよ。」
HS氏:「で、粘土団子って何ですか?」
私 :「いろんな種いれて赤玉土練ったやつです。」
HS氏:「ふ〜ん。」
私 :「バジルを自生させようと思ってね。」
HS氏:「粘土団子と言うよりフンコロガシのフンですね。」
私 :「たしかに・・・。」
HS氏:「でも正しくはフンコロガシのフンじゃなくて牛とかのフンですよね?」
私 :「がははは!うんだねぇ〜〜。」

フンコロガシは自分のフンを転がしてはいない。


人気ブログランキングへ

北京じゃなかったのか!

実家に行った。
「粘土団子」を作るための「赤玉土」をもらうためである。
DIYの店に行ったが、
赤玉土の袋が大きくて運べないのだ。(←へなちょこである。)
園芸を趣味とする母のいる実家に行けば
大概のものは手に入る。

「粘土団子」については明日、書くことにする。

ちょうど日曜日で両親は「●HKののど自慢」を見ていた。
ゲストの「ガロ」?もとい!「ジェロ」が
「越後獅子」を歌っている。

母:「この歌、古い歌よね?」
私:「そなん?」
母:「中学の時の学芸会で親友のYSさんとこれ踊ったときね。」
私:「うん。」
母:「おばあちゃんが、生みのお母さんに見せたかったって言って
   泣いたのよね。」
(母を産んだ祖母は、母が物心着く前に亡くなっている。)

↓で書いたおばあちゃんである。
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?day=20100430

よせば良いのに

私が「そのころの写真ってないよね?」と言うと、
母は1冊のアルバムを持ってきた。

長くなりそうな予感がする。

しかも、一般うけしそうもない。
しかし、これは備忘録の宿命である。

1枚目がこれ↓


中国の大地で遊んでいる母。
「大地の子か!」←忘れてくれ。

場所は大連だそうだ。(中国)
私:「生まれたのは北京じゃないの?」
母:「うんにゃ、大連だよ。」
私:「右の子だれ?」
母:「ロシア人と友達だったのよ。」
私:「何で大連にロシア人いるの?」
母:「知らないわよ。」

さらに(多分)大連:しせん神社:(四川ではないと言い張る母)
四川の「し」がサンズイに「く」3つの下に「田」だと言い張る。



アルバムの途中で高校時代のが



母がどこにいるか全く、不明・・・。(岡山県・美作高校と思われ)
ちなみに中学は新制中学1期生(岡山県・勝北中学)

もっと、はっきり写った写真ないのか!


うほっ。昭和27年10月銀座松坂屋に入社している。

さらに祖父・祖母・父・母の4ショット!
これのこそ!




人気ブログランキングへ

えごまでゲンニップ作るの巻

えごまの葉が豊作である。

ゲンニップを作ることにする。
レシピは↓に書いてあるが、家に持って帰るのを忘れた。


今日は仕事場ではなく、家で作るのである。

男の料理にレシピは不要だ。



醤油・みりん・韓国産とうがらし粉を混ぜて沸騰させる。

えごまの葉を干す。(水気が無くなる程度。)



沸騰させたつけ汁が冷えたらえごまの葉漬け込む。(終)



いいのか?これで?

何か忘れてる気がするが、味見をしてみると
結構それらしい味になってる。

えごまの葉は非常によく生育した。
売っている葉よりはるかに大きい。
しかも大量に取れた。



育成の秘密は土にあると思う。
今回の土について語る。
プランター40リットルに腐葉土20リットルと野菜の土20リットルを
いれた。肥料は↓を一握り均等に混ぜ込んだ。



さて、「明るい食品偽装入門」で紹介されているものを
もう1品作る。

「偽装からすみ」である。

お皿にキッチンペーパーをのせ、塩をひいておく。
卵の黄身だけのせる。
さらに、塩をかける。



これで12時間放置、室温で良い。

12時間経過したら、塩と黄身もろとも密閉容器にいれ
冷蔵庫で熟成させる。(40日間)



↓これも忘れてならない。(40日後である)


あ!思い出した。

ゲンニップのタレにお酒入れ忘れた。

「写真↓に写ってたよ。」と誰か言いそうである。



あれをのみながら作ってたので、たまたま写ってるだけです。
「あんた!確信犯やろが。」と言われないうちに終わる。

待て!

パンツ一丁になったわけです。そこに友達の彼氏が来ちゃって、
・・・。(どうなったかは明日のブログに書きます。)

の話をする。

彼氏は私を一瞥すると、「よっ!」と声をかけて、
テレビのスイッチをつけた。それだけである・・・。

私は乾ききらない洋服を着てそそくさと下宿に帰った。

後日の彼女との会話。

私:「彼氏くるんだったら、言ってくれれば行かなかったのに・・・。」
彼女:「いないときに来られてもねぇ・・・。」
私:「・・・。」
彼女:「いっしょに住んでるわけだし・・・。」

 人気ブログランキングへ

ジュリアロバーツと同じ年齢の方のコメント


ジュリアロバーツと同じ年齢の方よりコメントを
いただきました。

私はジュリアロバーツはあまり知らなくて、
「プリティウーマン」を見たくらいの知識しかありません。
したがって、彼女の年齢は私より若いとしか分からないですが・・・。

「プリティウーマン」ではオペラを見ながら
彼女が涙するシーンがあり、それが何というオペラか知りたくて
デアゴスティーニの「DVD・オペラコレクション」を「1」から
順番に買いました。

幸運にも、そのシーンのオペラ「椿姫」は「2」番目でした。

今でも「1」「2」だけ本棚に並んでいます。

あまり関係ないですが、「デアゴスティーニ」のテレビCMで
最後に「デアゴスティーニ」と節をつけて歌っていますが、
「デアゴスティーニ」と聞こえたことはありませんでした。
何と聞こえていたかは恥ずかしいのでここには書きません。

ついでに、どこかの車のCMで、不気味な声で
「サムサム」と言う奴がありますが、未だに意味不明です。
「ZOOM ZOOM」と言ってるらしいですが・・・。

私は山口百恵さんと同じ年齢です。
学生時代、山口百恵さんと同じマンションに住む同級生(女性)の
家に遊びに行ったことがあります。(純粋に友達です。)
大雨の日にバイクで行ったのですが、ずぶ濡れで到着した私を
気の毒がって、服を全部、当時は高級品だった乾燥機に
入れてくれました。
パンツ一丁になったわけです。そこに友達の彼氏が来ちゃって、
・・・。(どうなったかは明日のブログに書きます。)

巨人の星方式で明日も読めと・・・。(ひどいブログだ!)

話を戻します。
コメントで↓の写真はどこか?という内容がありました。
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=110



読者の少ないブログですから、こうしてコメントを
いただいた方には丁寧に対応させていただいております。

場所は↓です。今でもありますか?



昭和38年5月薬師山の平和祈念像(岩手県釜石市)

人気ブログランキングへ

スイートバジルでよかすか?



「SHIRONEKO」さんから、コメントを頂戴した^^
私がバジルと紹介した↓の自生している植物はミントらしい。



食べてみんと分からないが・・・。(←読み飛ばしてOK) 

負けず嫌いである。
いつか、こっそり、バジルの自生写真と入れ替えることにする。(陰険)

で、種を買った。(今から植えるのかい!)

さて、話を変えよう。

同僚のHS氏から、いきなり、↓の写メをもらった。



かなり長い時間調べて、この小バエがくっつく棒は
アースのハエとり棒であることが判明した。
よく取れている。正確にはくっついている。
聞くとうちの嫁が「こばえ」「コバエ」「小バエ」「小ばえ」「蝿」「ハエ」
「ちいさなハエ」「ちいさな蝿」で困っているらしい。(←検索用文字列)

知らなかった・・・。

私に相談してくれれば、「ハエ取りリボン」くらい紹介できたのに・・・。

HS氏:「植物用の緑もあります。」とのこと。

人気ブログランキングへ

嫁:「今日はのまないんじゃなかったの?」

最近、のむ機会が多い。
「今日は一日のむまい。」
一応、嫁に宣言する。
宣言しておかないと、晩ご飯のときの米粒が最初から出ない。

米粒はのんだ後に食べる掟がある。(らしい。)

ところが、どこにも悪い奴は居る。
同僚のNS氏から写メが来た。

 丸い氷を私は見逃さなかった。

ロックで「バランタイン30年」をのんでいるという。

だから・・・?

普通、「のみに来ませんか?」じゃないのか?

私、負けず嫌いである。
丸い氷くらいは常備している。



「ジョニ黒」しかない。
ロイズ石垣島生チョコレート「マンゴー」と「パイナップル」を添えて
写メを送り返す。

その後、返事は来なかったので、
勝ったのか?負けたのか?わかりゃしない。
しかし、
嫁:「今日はのまないんじゃなかったの?」というご指摘を
受けながらもしっかり、いただきました。

人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2973 最後に更新した日:2018/09/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM