小倉井筒屋の北海道展

毎年11月ごろに
北九州市小倉北区の井筒屋では
北海道展が行われる。

毎年買うのが↓

H271126-1.jpg

「ごとう燻製」のスモークチキンである。

しかし、問題もある。
いつもの美形の店員さんが
いないのである。

思い切って、おにいさんに聞く。
私:「いつものおねーさんがいないね。」
おにーさん:「どっちですかね、ふたりいるので」
私:「たぶん、きれいなほう!」
おにーさん:「どっちもきれいですけど、たぶん、嫁かなぁ・・・。」


H271126-2.jpg
↑嫁(←私の嫁)とおにーさん

あとで分かったことだが、
次期社長さんである。

さらに
あとでわかったことだが、
3年前に↓

H271126.jpg

夫婦で写ってました。(笑) 

ごとうくんせい↓
http://gotoh-chicken.jp/

 

博多・西中洲「十八(とはち)」再び。

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=2156
↑ で博多「十八」に行ったことを述べた。

とある休日に
もう一度、行くことになった。

前にも述べたが、
食べ物のおいしさには
意外性が必須である。

どんなにおいしくても
想像のハードルを
超えてきたものが
真のうまいものとなる。


H271118-4.jpg
↑今回の突き出し「ミミガーの燻製」

H271118-1.JPG
↑東京Xのしゃぶしゃぶ(要予約)
想像は超えなかったが、やはり、超おいしい。
これだけ脂の多い画像ですが、
しゃぶしゃぶしても脂やアクが浮いてきて
アク取りする必要はほぼありません。


H271118-3.jpg
↑東京Xのトンカツ
肉汁がすごい!全くしつこくない。おいしいだけ。


H271118-2.jpg
↑〆の雑炊
前回、頼まずに長く後悔していた「雑炊」、
間違いなく今まで食べたどの雑炊よりおいしい。


韓国で食べたお粥もかなーり、おいしかったが、
こちらのほうが、おいしく感じました。

想定をはるかに超えた「雑炊」に乾杯!

次回は
「東京Xの焼きしゃぶ」(要予約)を
食べる予定。東京Xをしゃぶしゃぶと
焼いて食べるのと、二通りで楽しむ。




 人気ブログランキングへ

シャトーブリアンに嵌る爺列伝

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=2178
↑小倉北区の「龍園」で
はじめて、
「シャトーブリアン」という
肉を食したことを述べた。

想定を超える旨みの
牛肉である。


別の機会に
小倉北区の「おんどる」で
食事をする機会に恵まれた。

H271113-3.jpg

事前の調査で
予約すれば「シャトーブリアン」が
供されることを知り、
迷わず予約時に注文した。

「おんどる」では最初に
肉の焼き方を知っているかと
問われ「知らない。」と言えば
おねーちゃんが焼き方を教えてくれる。

H271113-2.jpg

常連ぶって「知ってます。」と
言ったところで
「いつもありがとうございます。」と
あしらわれるだけである。

シャトーブリアン(別料金)

H271113-4.jpg
高いね!

それでも

H271113-1.jpg
やっぱりうまいぞ!

 人気ブログランキングへ

久留米ラーメン・清陽軒

ここのところ
おいしいと評判の
ラーメン店を
訪問してきた。

どれも
想像を超える
うまさには
遭遇できなかった。

「ごめん、今一だったよ。」と
私が述べても
「ここはどうですか?」
と新たな情報を提供して
下さる方がいるので、
10日と置かずに
訪問をしてきたわけである。(感謝)

今回、行ったのは
「清陽軒 本店」である。


H271029-1.jpg
福岡県久留米市諏訪野町1798-6
tel0942-32-9736(第3火曜定休)

支店が久留米市内に2つあるようである。

ラーメンは

H271029-2.jpg
「屋台仕込み」と「すっぴん」の2種類である。
ラードを使わないのが「すっぴん」である。
当然、2つとも注文する。

「屋台仕込みラーメン」

H271029-3.jpg

「すっぴんラーメン」
H271029-4.jpg

「屋台仕込みラーメン」のラードがきついかというと
まったくそのような事はない。
「すっぴんラーメン」のコクが足りないかと言うと
まったくそのような事はない。

どちらの完成度も高く。

スープを途中でやめられない!(←ココ重要)

そして「替え玉」しないとスープが
もったいない感に襲われる。

これぞ、久留米ラーメンである。

このほかにも
店員さんのきびきびした動きや
対応にも好感を持てた。

さらに

H271029-5.jpg
テーブルの取り皿にプラスチックのケースが
置かれていることも好感が持てる。

入り口には

H271029-6.jpg
屋台を模したモニュメント?がある。

H271029-7.jpg
そして「オリジナル缶バッジ」

H271029-8.jpg
もちろん、店の名前入り!

あ!

せ、い、よ、う、け、ん?

私、

ずっと「しんようけん」と読んで
ましたから!




切腹!

 人気ブログランキングへ

とんこつラーメン送料無料★食べログ4位入賞★リピーター続出★行列が出来る人気店「久留米ラーメン清陽軒」の博多ラーメンセット<生ラーメン:お試し3食セット>

価格:1,980円
(2016/2/18 16:42時点)
感想(211件)


BEER HALL BASSIN

福岡市中央区大名1-9-63
プラザホテル天神1Fにある
「BEER HALL BASSIN」へ
行った。
TEL092-753-6909

目的は2015年6月18日から
2015年10月12日までの
期間限定で行われている
「生牡蠣」のオイスターバーである。

地味な入り口
ホテルロビーと
つながっている。

H271003-1.jpg

その日の牡蠣が並んでいる。
H271003-2.jpg

のみものは
「ザ・プレミアム・モルツ」
4種のみくらべセットが
お勧めである。

H271003-3.jpg

牡蠣はその日の
全種を食べた。

H271003-4.jpg

H271003-5.jpg

昔は「Rのつく月に食べよ。」と言われた牡蠣も
24時間〜72時間の紫外線滅菌により
99.9%除菌したものが流通していると言う。
これにより、1年中通して牡蠣が食べられるのだと言う。

この他にパルマ産生ハム

H271003-6.jpg

ウニの軍艦を食べた。
H271003-7.jpg

10月12日までに
もう一度、行きたい店である。


 人気ブログランキングへ

博多十八(はかたとはち)

福岡市中央区西中洲1-4
プロスペリタ西中州2 7F
TEL092-762-5233
の「十八(とはち)」に行った。

「東京X」という絶品の豚肉が売りである。


H271001-2.jpg
↑春吉橋西の交差点、かに通の隣のビル7Fである。

同行してくれた
TM氏とは久々の食事会である。

H271001-4.jpg

↓「ミミガーのマリネ」(突き出しである。)
H271001-6.jpg
コリコリしてうまいぞ!

注文したのは、もちろん、「東京Xのしゃぶしゃぶ」
である。

H271001-5.jpg
スープは鶏ベースに白菜の古漬けが刻んである。

酸味と塩味で完璧に出来上がっている。
これに「東京X」をしゃぶしゃぶするのだが、
このままで最高においしい。

スープに岩塩で若干、塩味を加え、
これに漬けて食べるのも良い。

付属の酢醤油はでる幕なしである。

それから、東京Xのとんかつも
頼んだ。(要予約)

H271001-3.jpg
肉厚で味が濃い!絶品!
なにも付けないのが王道か!
どうしてもなら、岩塩を少々。

しゃぶしゃぶの残ったスープ
持って帰るか、ごはん入れて
雑炊にしたかった!



 人気ブログランキングへ

そんなヒロシとのかみ合わない話

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=1270

↑で辛い地元小倉南区貫の「清流」の
「とうがらし」について述べた。

話を変えよう。

KS氏がおみやげにと
黄色いとうがらしの瓶「黄金」を
持ってきた。

事務職のHS氏の分も
持ってきた。

HS氏「あっ!貫で作ってるやつですね。」
KS氏「いえ、豊前裏打会で買いました。」

HS氏「でも、貫関係あるのでは?」
KS氏「いえ、裏打会のやつです。」

話は最後まで
かみ合わなかった。

さて、
私はせっかくのとうがらしを
カレーうどんでいただいた。


H270818-1.jpg



H270818-2.jpg
  

本気で入れたら、



辛っちゅーの!

あっ、それから、「黄金」のラベルの後ろに
小倉南区貫「清流」って書いてあります(笑)


人気ブログランキングへ

うさぎみたいな「板わさ」の話

とある飲食店で
「板わさ」を注文した。

期せずして
ウサギぽいのがきた。


H270613-2.JPG
あいだにワサビを挟まっていて
秀逸である。


いったん、ほどいて?
元に戻すと↓

H270613-1.JPG

とある日、
家でもやってみた。


H270613-3.jpg

なんか、変!

 人気ブログランキングへ

「シェフガーデン田口」

福岡県の小石原は
焼き物の産地である。

この小石原に
お気に入りの
フランス料理店がある。

H270520-3.jpg

「シェフガーデン田口」が
それである。


〒838-1601
朝倉郡東峰町大字小石原324番地
TEL0946-74-2920
営業時間12〜17時 17時以降要予約
店休日: 水曜日・木曜日・その他


過去にも何度かふれている。↓
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=1446

今回、はじめて「デミグラスソース」の
オムレツを食べることができたので
この記事を書いた。

「デミグラスソース」は
電話で予約しなければ、
食べられる確率は低い。

H270520-1.jpg
オムライスとハンバーグがセットになったランチ
「オムバーグ」である。


トマトソースとデミグラスソースの2種類がある。

「デミスラスソース」うまかった!


 人気ブログランキングへ

つけ麺考

とある日曜日、
急に「つけ麺」が食べたくなった。

もはや、
食べないと
自身のレーゾンデートルに
関わるような気すらする。

苦し紛れに
iPhone6で「つめ麺 小倉」を
検索すると近くの「風風らーめん」が
ヒットした。


H270512-1.jpg

早速、店に・・・。

つけ麺700円を注文。


H270512-2.jpg

濃い魚貝系のスープである。

程なくして完食した。

「味はどうよ?」って
誰か言ったか?

それが、違った!
(もちろん、普通に
おいしいのではあるが・・・。)

私が
求めていたのは
昔、広島市で
生まれて初めて食べた
あの「つけ麺」の味を
期待していたのである。

ゴマとラー油のあの味である。

店の名前すら思い出せない。

だめもとで
HS氏に記憶を頼りに
地図を書いて
探してもらった。


H270512-3.jpg
↑ ひどい地図

しかし、夢は叶った。

HS氏がみつけてくれたのだ。

「つけ麺本舗 辛部 十日市店」
(つけめんほんぽ からぶ とうかいちてん)
広島市中区
十日市町1-4-29-1F
TEL082-294-2225
11:30〜15:00 18:00〜24:00

また、行きたい!

 人気ブログランキングへ

野生の王者 ワイルドキング 最強バトルずかん ブラック 【日本おもちゃ大賞2014 ボーイズ・トイ部門 優秀賞】

新品価格
¥2,000から
(2015/5/12 00:38時点)



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2744 最後に更新した日:2017/05/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM