君はナンタを知っているか?

 
↑「ナンタ」ホームページである。
(アフィリエイトバナーではない。チッ!)

ところで、「ナンタ」の歌を知っているか?
「なんたがったどこさ!ひごどこさ!くまもとさ!」(おもしろくない・・・。)

N観光のYMさんが、ゴールデンウイークのソウル便を
とってくれた。
さすがにゴ−ルデンウイークは高い。
が、我慢する。

今回はいつもと違う新しいことをしようと
計画を練った。

インサドン(仁寺洞)は嫁のお気に入りの場所である。
いつも私の作った分刻みのスケジュールはここで
大きく狂う。
見るものすべてが楽しいようである。

今回はインサドン(仁寺洞)で韓定食を食べることにし、
はじめての店に国際電話で予約をいれる。

国際電話のかけ方

001+010+国番号82(韓国)+先頭の0無しで電話番号。


「ほほぉ〜」とアデランスのCMよろしく、感心した方には
申し訳ないが、日本語である。

もうひとつが「ナンタ」公演鑑賞である。
ソウル中心の明洞で上演される無声のパフォーマンスである。
「がーまるちょば」と同じジャンルと勝手に理解している。
先入観なしに楽しみたい。インターネット予約をする。

予約といえば「行者ニンニク」である。
そろそろ、発送ではないか?

ここでプランターに植えている「行者ニンニク」には
早くも蕾がついている。

はっぱのくせに「ニンニク」である。
ラーメンにいれたり、軽く茹でてキムチを混ぜたりして
食べると超おいしい。

前にも書いたが、ブログは書き溜めている。
ゴールデンウイーク分も書いて行く予定なので
毎日更新となる。(期待してほしい。←だれもおらんのに)

そしてせっせとバナーを押すのじゃ〜。

しかし、私のログインなしでどれくらいのアクセスがあるか
正念場である。アクセスなかったら寂しい限りである。
備忘録だから、読むなといいつつも、こっそり読んでほしい。
そして、ポチっとしてほしい。
人気ブログランキングへ

ライオンに咬まれた叔母さんの話

母方の祖父母の話である。(どちらも故人である。南無。)
今から40年ほど前、神奈川県の辻堂で飲食店をやっていた。
祖父は戦争中、北京で逓信省にいたらしい。

第二次世界大戦のきっかけとなる真珠湾攻撃の電文
「ニイタカヤマノボレ」は自分が打ったと言っていた。
本当に打ったかどうかは不明だが、
「電鍵」を打つ人であったことは間違いない。

形見には「電鍵」をいただいた。
今も大切にしている。


しかし、1950年製造と書いてある。

少なくとも、この電鍵で「ニイタカヤマノボレ」は打ってない・・・。
ニイタカヤマは新高山と書く。台湾にある山である。

さて、飲食店の名前は「バー熱海」「小料理お宮」である。
借りた店を2つに仕切っていたのである。

そのころ、何と店の前に柵を作って、ライオンを飼っていた。
どうやって手に入れたのか本当に不思議である。
そのライオンに叔母が咬まれたのである。

この話、だれにも信用してもらえない。
咬まれた傷跡の写真を撮ってきた。

多少、信憑性がでてきたのではないか?

その後、祖父母は別居し、祖父は厚木で食堂と旅館を始めた。
借りた店を上下で分けたのである。
店の名前が信じられない。
1階の食堂「珍宝」、2階の旅館「満幸」である。(読み方は任せる。)


祖父:昭和47年厚木市戸田「珍宝」

祖父が亡くなったとき、家の電気が切れた。私は社会人1年目で
臨終に行くことはできなかった。

その後、祖母がなくなったときは、スーパーで買い物をしていたのだが、
胸騒ぎがしたことを憶えている。
実家に電話すると父が出て、母は神奈川に出かけてると言う。
あとで聞くとその頃に亡くなっていた。

学生時代はよく祖母の店に遊びに行った。
何日泊まっても、何一つ文句を言わずに面倒を見てくれた。

ある日、祖母とテレビを見ていると、
「●崎がテレビでてるやん。」と呟く。
「知ってるの?」と聞くと、
「こないだまで店に来とったよ。」と言う。
呼び捨てか。相手はレコード大賞をとった歌手である。

卒業して九州に帰ってから、一度だけ辻堂に行ったことがある。
すでに店は立ち退きになり、祖母は
「ライオンに手を咬まれていない叔母さん」と同居していた。
(叔母さんのご主人「泰ちゃん」がとてもやさしい人で良かった。
祖母に代わって御礼を言いたい。)

私が帰る時間になると、祖母は表に出て花壇をいじっていた。
「もう行くよ。」と声をかけても、振り向いてくれなかった。
その後姿が私が祖母を見た最後となった。

手紙がでてきた。昭和56年2月19日に祖母が私に宛てて
投函している。

人気ブログランキングへ

ルーツ

君は「ルーツ」を知っているか?

アレックス・ヘイリーの自叙伝である。
テレビ放映され、自分のルーツを探す行為が
大流行した。



VHSビデオは廃盤で今は購入すら容易でない。
自分の祖先が「奴隷」でいかにして自分まで
繋がってきたかの物語である。
すばらしい作品であった。

さて、私のルーツであるが、
父方の祖父と祖母を知らない。

父親が幼い頃に共に亡くなっている。

数年前、父のお兄さん(叔父)から4枚の写真と家計図を
もらった。写真が段段と黄色くなってそろそろ限界である。
ここにアップして記憶に留めたい。

祖父である。

祖母である。


もう一枚の祖母である。


岡山の家である。

父の3兄弟が写っている。書生さんらしき人もいる。
何となく肩の荷が降りた。

人気ブログランキングへ

君はヌートリアを見たか?

TJ氏が遊びに来た。
おみやげは「きびだんご」である。(ありがとう!)
岡山と言えば「きびだんご」と答える人が何割かは
いるだろう。
しかし、私は岡山と言えば「ヌートリア」である。
少数派である。

「ヌートリア」という動物が岡山の水路で生息しているらしい。
私も見に行ったことはない。
TJ氏も「ヌートリア」は知らなかった。

昔、ネットゲームをしていたことがある。
狩りで経験値を上げていくゲームで、
ゲームの世界で友達になった人と延々と単調な
狩りをするのである。

狩りが単調なので眠くなる。
眠くならないように「動物しりとり」などをチャットでやりながら
狩りをするのである。
「きつね」「ねこ」「こぶた(←反則)」「たぬき」は孫の歌の歌詞か・・・。

何かの拍子に「ヌートリア」と岡山の相手が
言ったのである。
私が何を言って相手が「ぬ」ではじめたかは憶えていない。

「ヌートリア」
「なにそれ?」
「かわいいよ^^」
「で、なに?」
「動物だよ」
「みたことないお」
「ここいらの川にいるよ」
「なまずみたいの?」
「ビーバーとかカピパラみたいな」
「へぇへぇへぇ」

という感じのチャットである。
その「あ」に対して私が何と答えたかも忘れた。

その後、調べると戦争中、日本の軍隊が毛皮用に連れて来た動物
であることが判明した。

「軍隊」「毛皮」と聞くと
嫁のお父さんとのんだ日のことを思い出す。

お父さんは戦争体験者で、軍馬の管理をした話や
軍医さんが馬に乗れなかった話は聞いたことがあったが、
あまり戦争の話はしたがられなかった。
つい、私はだれも聞いたことは無かった質問をしてしまった。
禁断の質問だったのだ。
「戦地はどちらでしたか?」
酔っていたのである。私もお父さんも。
お父さんは
自分がシベリアに向う兵隊さんに毛皮や物資を配ったことを
語り始めた。
シベリアで無くなった仲間のことを思ったのか、途中で泣いてしまわれた。
なぜ、話したくなかったのか、分かる気がした。
私も泣いた。
それ以来「ヌートリア」と聞くと、その話を思いだす。
お父さんの涙を見たのは後にも先にもその一回である。
今はもうおられない。(南無)

遺影は私が加工して作らせていただいた。
渾身の一作である。ランニング姿のオリジナルに
洋服を貼り付けさせていただいたのである。
今でも、仏壇におじゃまするとその写真がある。

人気ブログランキングへ

スポーツ考「あわせて一本!」

今日は予定を変更して「スポーツ」について語る。
免疫の話は気分が乗らないので、明日に回す。
なぜ、予定が変わったかは最後まで読んでいただければ
分かるかと思う。

何かのテレビ番組で
「カーリングがスポーツなら●●も立派なスポーツですよねぇ。」と聞いた。
テレビの前で大爆笑した。
しかし、「●●」を忘れた。

中崎タツヤのマンガで「悪い水」をのんで、先に下痢したほうが負けるという
競技が書いてあった。もちろん、爆笑した。
また、見たいのであるが、どれに書いてあったか完全に忘れている。

これだけの中から探すのはしんどい。

だが、みつけた。

詳しくは↓(アフィリエイトである。)



さて,オリンピックの柔道について語る。
もとい、「JUDO」であった。
すでに別のスポーツとなっている。
「JUDO」には心技体のうち、心技はいらないという風潮があり
どうしても柔道と同じとは思えない。

勝つべき技をかけた日本人が負けて銀メダルになった
事件がある。負けた彼は多くを語らなかった。
金メダルの人はどうだったか?(名前忘れた。)
負け試合を勝ったなら、敗者への配慮(心)があったのだろうか?
逆ならどうだったか?彼は金メダルを受け取ったのであろうか?
それ以来、「JUDO」は見ないことにしている。
実は彼の名前、忘れている・・・。

サッカーワールドカップが近い。
日本代表のメンバーがそろそろ発表される。
なぜ、「カズ」がいないのか?
不思議である。三振しても巨人の4番は「王」だった。
最近では惨敗の続く、日本サッカーであるが、
シュートをからぶりしても、日本のエースは「カズ」である。
補欠やプレイングコーチとしてでも連れて行かないのは、
納得できない。
「ドーハの悲劇」を悲劇で終わらせない空気の読み方のできる
監督求む。
最近、ドーハ組の選手の中から、将来の監督候補かの如く、
マスコミに取り上げられている人もいるが、
あの試合最後にミスったのはその人ではないか?
「ワールドカップ」は見ないことにしている。

ここから先はばっちぃ話になる。危険な領域である。

人間、たべれば必ず、「●●●」をする。
立派な「●●●」をする競技はどうだ!
長さ、太さ、色合いを競うのである。
当然1本ものは点数が高い。
色も三色入っているほうが高い。(マージャンか!)

時々、オリンピック級のものに出会うことがある。
写真に撮りたくなる。
一度は、水洗便器の水をはってある部分より上まで
ある1本のがやってきたことがある。
嫁に見せたくなったが、断られた。
泣く泣く流した思い出がある。

今日、久々にみごとなそれが来た。
残念ながら、途中で切れている。
しかし、心配はいらない。
「合わせて一本である。」(←落ちたか?)

人気ブログランキングへ

煙見えたら、普通「消防車」呼ばないか?

「久しぶりに」と言えば、「東京だよ、おっかさん」である。
いや、もとい(死語か?)
久しぶりにN氏が遊びに来た。
N氏は支店の子である。(私は本店の子)

N氏は無類の酒好きなので、
私も酔うとシャメを送って、返事を待つのだが
絶対に返事はくれない。

しかし、私のシャメを見るのは見ているとのことなので、
調子に乗って、めずらしいお酒をのむたびに
シャメを送る。

そんなN氏との会話である。

私 :「また、シャメに返事くれんかったやろ?」
N氏:「いつですか?」
私 :「先週やったかな?」
N氏:「知りませんよぉ。」
私 :「普通さ、飲み屋からシャメ来たら、行っていいですか?とか返事しない?」
N氏:「コクラでしょ?」
私 :「うん。」
N氏:「遠いですよ。」
私 :「近所ならええん?」
N氏:「はい〜。」
私 :「Nさんのマンションの下でバーベキューしてシャメ送ろか?」
N氏:「救急車呼びますよ。」
私 :「待て!普通、消防車でないか?」
N氏:「じゃ、パトカー呼びます。」
私 :「おい、グレードアップしてないか?」
N氏:「気のせいですよ。」
私 :「じゃ、さるまたとかで、取り抑えられちゃうか?」

N氏:「あの〜」
私 :「はい?」
N氏:「もしかしてサスマタですか?」
私 :「同じでしょ。」
N氏:「違います!」
私 :「・・・」



売っている。普通に・・・。
普通に売っていないものでほしいものがある。
まずは現場の写真をみてほしい。

これは今年、タネを播く予定のプランターである。
「えごま」と「ホワイトセイジ」のタネは確保してある。

ところがである。
どうやら猫が来て、使ったらしい。
「ゲソ」は確認できたが、
「ブツ」は確認できなかったので、「小」のほうらしい。
(注:「ゲソ」とは下足と書く。警察筋では犯人の足跡の意)

これままで生育した「えごま」で焼肉を食べる勇気はない。
さしあたって、ビニールで「使用禁止」とした。

そこで、思いついた。

「透明なアクリルの蓋」である。

プロに任せれば簡単である。
しかし、「男なら作れ。」

今日、DIYの店を走り回ることにする。

同僚のI氏に相談する。

私 :「プランターに猫が来たぽいんよ。」
I氏:「あらら。」
私 :「ビニールで覆ったけど何か良い方法ないかな〜。犬のウンコ
対策にはオオカミのおしっこ薄めたのが売ってるらしいんだけどねぇ。」
I氏:「●(私の役職名)のおしっこ撒いたらどうですか?」
私 :「効くの?」
I氏:「特殊な何かが入ってたりして。」
私 :「まさか。」
I氏:「通販で売ったらどうですか?」
私 :「成分におしっこって書かなければ相当、売れるね。」
I氏:「薄めたら分からないですね。」
私 :「そもそも、濡れてたら猫来ないからさ。毎日撒けとか書いて。」
I氏:「単に濡れてるから来ないだけとか。」
私 :「そそ。」
I氏:「水で良いのかも・・・」
私 :「だね。」

人気ブログランキングへ

ネギ竜田丼のから揚げ部分を食べられちゃった話。

 http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=9
で紹介した「小倉うどん竜屋」へ行った。

今回は嫁、孫、娘と4名で行った。
日曜日の昼である。
テーブル席も満席で駐車場も満車である。
店の人に声をかけてから、裏の駐車場で待つこと15分、
テーブル席と駐車場を確保して、
店に入る。

「あんたが待つなんてめずらしいね。」と嫁に誉められつつ、
定番のBセット「ぶっかけ冷大盛りとネギ竜田丼」を発注する。

孫にはイスや食器を準備してくれる。ありがたい。
揚げ物好きの孫は、私の竜田丼のから揚げを積極的に食す。
今日もいつも通り、おいしいうどんを食べた。

支払いするのは私である。他に選択肢がない。

レジにて店長ぽい体育会系男子にお礼を言われる。

多分店長:「こないだはありがとうございます。」
私     :「何でしたっけ?」
多分店長:「ブログに写真。」
私     :「ああああ〜」
多分店長:「ありがとうございます。」
私     :「いや、まだなの・・・」
多分店長:「そうすか〜。」
私     :「うん。」

実は前回、ひとりで行ったとき、ブログ用と言って
写真を撮らせてもらったのだ。

完全に忘れていた^^;

これがその写真。

Bセット「ぶっかけ冷大盛りとネギ竜田丼」680円である。

その後、ナフコへ寄って帰ることになる。
孫にペットショップで犬猫を見せたいらしい。
あくまで、孫中心である。

私はこれから植える予定の「えごま」と「ホワイトセイジ」用の
「プランター」と「花と野菜の土」「腐葉土」を買い、帰宅後
さっそく種まきの準備をしてしまう。
もちろん、貯めていた「灰」もいれてしまう。

「エゴマ」と「ホワイトセイジ」の種は念のため、一週間前から
冷蔵庫にいれてある。

人気ブログランキングへ

「っじっじ こわ〜い。」

 孫と娘が攻めてきた。
「攻めてきた。」という以外の表現が見当たらない。
「遊びに来た。」「泊まりに来た。」という表現では
言い表せない「ロシアの幽霊」くらい
恐ろしい何かを、伴っている。

(「ロシアの幽霊、恐ロシア」どこかで聞いたことがある。)

恐ろしい何かとは「破壊・紛失・略奪・・・。」すなわち、
「麻薬売買」と「殺人」以外の悪の香りがするもので、
嫁は完全に毒されており、顔中ひっかかれても
血を出しながら、笑っている。
「麻酔なしで歯が抜けるんじゃないか。」という孫命状態である。

私はと言うと、衣食住すべての自由を奪われ、奴隷化している。
憲法で保障された国民としての基本的人権も危ぶまれている。

しか〜し、孫はどうも私が怖いらしい。
嫁と娘も悪い。「じぃじに怒られるよ!」と怖いもののように
私を利用している。
今では薬が嫌いでごねても「じぃじ、くるよぉ。」っと言うと
サクっとのむようになっている。

孫は単語を卒業し、二語文の世界に進級しつつある。
嫁:「●ちゃん(孫の呼称)が二語文しゃべったよぉ〜。」
私:「おおお〜。何って言ったん。」
嫁:「っじっじ、こわ〜い。」
私:「・・・。」(おいら、そんなに悪いことしたかな?)

嫁と娘に作り上げられた偽りの怖さである。
今や私の威厳は嫁と娘により作られた偽りのいわゆる
傀儡(かいらい)状態である。

さて、「ベタな展開考」で書き忘れたが、
飛行機のシーンで
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか〜。」って
言うのがよくある。

あれって「お医者様」の部分を
「パイロット」とか「整備士」とかに変えると恐ろしい話になり、
「弁護士」や「数学者」とかに変えるとややこしい話になる。
「岩手県で生まれた方」とか「●見中学校出身者」とかなると
単なる人探しである。

飛行機で思い出した。
ゴールデンウィークの4連休が近づいた。
いつものようにNツアーのYさんに電話をした。
とても良い人である。こちらの立場で考えてくれる人は
ありがたい。

今回は「2泊3日の海外で●AL以外の便を利用」というのが
条件である。

回答は「香港往復のCX便のみ押さえました。」とのこと。
韓国は超人気でキャンセル待ちすらできない状況らしい。

明日までにホテルの希望を出してほしいということなので
ガイドブックを読みあさる。
旅の基本は食事である。(←そこかい!)
何を食べ、どこでのむか。そこが肝である。
最初に飲食の場所を決め、観光スポットを決め
どこに泊まるのが一番、効率が良いかを練るのである。

前回の「香港・マカオの旅」では
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=5
「香港」の観光でやり残したことが多かったので、
今回まわりたい主要スポットもピックアップする。

食事「北京ダック」
「ジャンボ・キングダム(アバディーン)」
ナイトライフ「アクア(カクテル)」
おやつ「ザ・ロビー(ペニンシュラホテル)」
観光「オープントップバス」
「ヴィクトリアピーク」
買い物「女人街」
「男人街」
「徳友」・・・14金アクセ

この他、翡翠・水晶・骨董にも興味があるが
今回は見送りか・・・。

そもそも飛行機の時間がわからないので、
福岡空港のHPで香港便を探す。
「あった!」
香港へは1日1往復「CX便」がある。

しか〜し、よく見ると「●AL」とのコードシェア便である。
どちらの航空会社の機材・乗務員かは不明である。
CXの機材・乗務員だとしても、「●AL」とのシェア便に
乗ることは許されない。(もはや家訓である。)

「●AL」とシェアをしたCXに「イエローカード!」


香港3日・完全ガイド付き2名(ゴールデンウイーク)で
●0万はかかる旅行である。
気持ちの良くない旅行は絶対しない。

嫁を説得し、香港キャンセルを決定する。

だめもとで、ソウル便キャンセル待ちしかないかな・・・。
ガイドは柳さんで・・・。Yさんごめん^^;

人気ブログランキングへ

今日は勘弁してやる。

最近、耳が遠い。
特に語尾が聞き取れないことが多い。
聞き直すとやはり語尾のところだけ聞き取れない。
私が聞き直したときは、理想的には語尾だけ
繰り返してほしい。
それを頼むと「甘えるな!」とか「補聴器買え!」とか
怒られそうである。

D市に娘夫婦が住んでいる。
孫が1人いる。

とある土曜日、娘から「明日の博多座のチケット2枚あるけどいる?」と
嫁に電話がかかったらしい。

私は日曜日も会社で残務をするので、丁重にお断りしたが、
日曜日になって嫁が朝からウジウジしている。

「ひとりでも行くか?」と聞くと「行く!」とのこと、
仕事を13時に切り上げ、高速道を通ってD市に向う。
D経由で博多座まで嫁を送るのである。

娘宅では孫は寝ていた。当然、起す。
寝ている孫に興味は無い。(いつもこれで怒られる。)

孫が起きたので、そそくさと帰り支度をし、
「時間ないぞ。」と嫁をせかす。(せっかちである。)

実は計画があった。博多駅前のつけ麺の店「虔十」へ
行くのである。そこで昼ごはんを食べ、博多座へ行くと
ちょうど良い感じである。

都市高速から福岡空港が見える。

嫁:「国内線と国外線って出口▲×●■やね。」(語尾聞き取れない)
私:「ん?」
嫁:「国内線と国外線って出口▲×●でしょ!」(語尾やっぱり無理)
私:「違う?」
嫁:「書いてるでしょ!」
私:「もしかして国際線。」
嫁:「同じでしょ!」
私:「・・・うん。」

「虔十」は深夜の地元番組で見た。つけ麺特集であった。
なぜ、「虔十」かというと、私の好きな童話「虔十公園林」の
「虔十」と「虔十」が一致するから、本当に出典が
「虔十公園林」なのか、店長に問いただす予定なのだ。

それはビルの地下2階にあった。
博多駅からも連結されている雰囲気であったが、
確かめてはいない。

そして

日祭日定休日の看板・・・。



「今日は勘弁してやる。」

人気ブログランキングへ

ベタな展開考

 ドラマでも映画でも、はたまた現実世界においても
ベタな展開というものがある。

古くは「バナナの皮ですべってころぶ。」

最近のドラマでは
「被害者の時計が犯行時刻で止まって壊れている。」
と言うことが多い。
はたして、腕時計が簡単に止まるのだろうか?
しかし、それを受け入れないとドラマが進まない。

時計がどうなったか分からないシーンで印象深いものがある。
アメリカドラマの「ケインとアベル」である。
長編の廃盤ビデオである。
後半で「敵と思っていたケインが、実はアベルの恩人であることが判明、
そのケインが亡くなってしまう。そのときにアベルが窓の手すりを叩き、
嘆き悲しむシーン。時計と手すりが、その場の雰囲気に似つかわしくない
金属音を発する。」
あの、時計は壊れたのか?(それがどうした!)

映画で多いのは、
「人の持ち物を勝手に見ていると、持ち主が現れる。」
というもの、言い方を代えると
「持ち主が現れるまで、人の持ち物を勝手に見ている。」

現実世界では、時間的・物理的に相手が戻れないときのみ、持ち物を
盗み見るのではないか?

たとえば、私が泥酔している間に、携帯を盗み見るとか・・・。
携帯に暗証番号でロックをかけたことがある。
3日もしないうちに嫁から
「何でロックする必要あるん?」と詰問された。(見たのか?)

極めつけのベタな展開を紹介しよう。
時代劇で登場人物は
「A:悪代官風の武士」と「M:若い町娘」である。
場所はお茶やさんであろうか?

シーン1
A:「ここへ来て酌をせぬか。」
Mが不本意ながら、近づく。
AがMに襲い掛かる。
「おやめください」
逃げるM、
AがMの帯に手を掛け引くと
Mがくるくる回り、座り込む。
Aがふすまを開ける。
隣の部屋にふとんがひいてある。
枕は2つ。

シーン2
庭の真っ赤な椿の花にスパン。
なぜか、一輪の椿が落ちる。

シーン3
ふとんの中で、すべてを失ったような顔のM、
涙が一雫。
身支度をするA。

これ以外の選択肢が無い。
「私、高いわよ。」でも
枕が3つでも、
黄色いタンポポでも、
よだれを出しても
すべてが成立しなくなる。

私の中での
「キング オブ ベタ」である。

おもしろい本をみつけた。
イラストもあって読みやすい。
 人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:2778 最後に更新した日:2017/06/29

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM