この椅子、「いぃ〜す。」

通販のテレビコマーシャルを見ていたら、
「毎日でも魚を食べたい派なんですが・・・。」という
セリフを聞いた。

そんな派閥があったのか!

「とうもろこしは1列ずつたべる派」の私としては
その勢力が気になるところである。

君たちは「24時間テレビ」を見たか?
「私は見た!」
毎回、気になることがあるので、一応
書き残す。



「イチロー」じゃないのか?(画面右はじ)

さて、私は「椅子壊れても治す派」である。



なぜか、破けた。

だれか、「おまいが重いんじゃ!」と言ったか?

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)
体重を指摘されて、たじろぐほどの繊細な心は無い。

かまわずに縫う。



最初は糸で縫っていたが、切れるので
途中からポリプロピレンの荷造りひもで縫った。



仕上げにズボンのハギレ(端布)を
「セメダインスーパーX2」で接着し作業完了となる。

「見た目悪いぞ!」ってだれか言ったか?

心配は要らない。座っていれば誰にも分からないのである。


人気ブログランキングへ

灰皿(←短っ)

昨日、韓国(ソウル)から帰ると
当ブログに2つもコメントが入っていて
とてもうれしかった。
実はサボイホテルの500ウォンのインターネットコーナーから
確認できていたんだけど、
ハングルキーボードで「ひらがな」を出すことができませんでした^^;
ソウルの話題は後ほど当ブログで!

さて、話は変わる。(いつものことだが、コロコロと)

君は灰皿を作ったことがあるか?

私はある。

「ふ、ふ、ふ。」(←笑っている。)

材料を買ってくるほどの甘ちゃんではない。
(甘党ではあるが・・・。)

もしも、明日までに家の中の材料で「灰皿」を作らなければ
二酸化炭素の濃度が致命的にあがるとしたら、どうする?

その状況の真剣さでやれば、大概の問題は解決する。

「ふ、ふ、ふ。」(←再び笑っている。)
空き缶切って終わるほどの甘ちゃんではない。

灰皿の定義を考えてみれば、
なぜ空き缶ではいけないかが分かる。

100人いたら100人が「灰皿」とわからなければ
「灰皿」ではないのだ。

空き缶で作ったら、小数は「空き缶」だと思ってしまう。

さて、灰皿と言えば、色付のガラス製である。



私の行った方法を記す。
まねをするのは自由であるが、すべて自己責任で
お願いしたい。このブログは備忘録である。

「グレンフィディック」の空き瓶に「やすり」で一周、キズをつける。



ターボライターでキズの一箇所を集中的に熱すると
キズに沿って割れる。



切り口を「ヤスリ」で磨き、完成。



「う〜ん、マンダム〜。」と意味不明のコメントを残し終わる。

人気ブログランキングへ

臭っていないこととします。

先日のブログで 書いたが、
「にんにくとうがらし水」を作ったのを覚えているか?
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?day=20100716

私は忘れてた^^;

冷凍庫を見るとそのときに残骸となった「にんにく・とうがらし」があった。

「ふ、ふ、ふ、ふ。」(←いつもより長く笑ってみた。)

そのまま、捨てるほど甘ちゃんではない。

とある日曜日の朝、料理に取りかかる。

冷蔵庫から食材を引っ張り出す。



「ゲンニップの汁のみ」も使うことにする。
(葉は食べつくした。)

まず、炒める。(料理の基本だ。)



そして、煮る。(これも料理の基本だ。)



このとき、干乾びて捨てられかけている「しらす干し」も投入する。

そして、「カレーのルー」を入れる。



今日、1日分のカレーが完成した。

朝・昼・晩、同じものを食べるのである。
今日は嫁が、娘の家に行っているのである。

にんにく2カケととうがらし2本いれたので
臭気と辛さには自信がある。男の料理である。

しかし、食べつくした翌朝、問題が発生した。

臭い!

仕事に行けないほど・・・。

昔、韓国でおおいにニンニクを食べて
翌々日、会社で顰蹙をかったのを思い出した。

朝の1時間じゃどうにもできない。

ピンチである。

「ふ、ふ、ふ。」(←再び笑っている。)

いいことを思いついた。

話を変えよう。(←おい、ここで変えるのか?との罵声は気にしない。)

はみがき粉(チューブ入りだが)の主成分を知っているか?

合成洗剤(合成界面活性剤)である。
●タック、●イトップなど洗濯用の親戚である。
ついでにシャンプー・リンスも合成洗剤(合成界面活性剤)である。

↓でもちょっとふれた内容である。
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=159
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=160
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=161

私の個人的見解であるが、
洗浄力は「石けん」が最強ではないだろうか・・・。

例えば、頭の髪染めをして「石けん」で洗うと、
取れてしまうという話を聞いたことがある。
シャンプーでは取れない髪染めが「石けん」で
取れるというのである。

言っておくが、歯磨き粉(はみがき粉)の界面活性剤は
「ぺっ!」と吐き出した後、下水を通って、微生物を殺しに行く。

「除菌最高!」ってだれか言ったか?

あのね。人間は体の中も外も、細菌だらけなのよ。
ず〜っと常在菌という細菌の中で人間は暮らしてきたのよ。
(整腸剤って知っているか?成分は乳酸菌などの常在菌です。)

ここ最近になって、悪さもしない常在菌を殺してどうすんの?
それは、合成洗剤売りたい人たちの戦略なんだから・・・。

常在菌がいるから、バイ菌が蔓延しないことだってあるんだから、
普通にきれいにしてれば、それで健康でいられるんじゃないだろうか?

微生物を殺せば、食物連鎖で生態系が変わり、
きれいな川や海がなくなる。

それでも、日本には洗うものを選択する自由がある。

んで、おまいは何で歯をみがいてるんか?って誰か言ったか?

「せっけんはみがき」である。



話戻そう。

「せっけんはみがき」より「石けん」そのもののほうが、
洗浄力強いんじゃないか?

ここからは大人の世界だ!

まねをするしないは自己責任でな・・・。

風呂場でシャワーを浴びながら、
はぶらしに「石けん」つけて磨いてみた。(写真は割愛する。)
言っておくが「無添加石けん」だぞ。

で、どうだったかと、私に聞いたか?

HS氏に聞いたほうが良いかもしれない。

私:「昨日、ニンニク食べ過ぎたかもなんだけど、臭う?」
HS氏:「私もニンニク好きだから気にしないですよ。」

,鵝臭うけど気にしない?

➁臭わないし、そもそも気にしない?

これ以上は聞く勇気はなかった。

臭っていないこととします!(キッパリ)

人気ブログランキングへ

再び、神は舞い降りた。

日曜日である。
雨の中、予定とおり、缶拾いに出発する。(午前5時)
最近、「缶拾い」ネタでしつこくて申し訳ないが・・・。
雨で中止するのどの甘ちゃんではない。
(1日に玄米4合食べている。←いつものウソ)

初老の私にとっては、やりたいことを後回しにする時間的余裕が
無いというのが、実情かもしれない。

●ョージアの空き缶の位置は日頃の観察で把握している。
幹線を1kmほど下れば20缶は拾える公算である。

そして、拾った。↓
 


雨のせいで問題も発生する。
(アポロ13号の問題に比べれば些細である。)

●ョージアのシールがセロハンと表面の紙とに分離するのである。

缶に残るセロハン部分を丁寧に剥がして
白い紙に貼れば問題は無い。

但し、上(数字の書いていない方)から剥がさないと、
爪で数字部分を判別できなくする危険はある。



そして、再び、神が舞い降りた。



5回目である。

気を良くして、やりたくない仕事にも取り掛かる。

まずはセメントを練る。



駐車場のはじっこに毎年、半端無く茎の肥大した雑草が
成長するのである。昨日も述べたが、上の草だけ刈っても、
のどごしは良いが、解決にはならない。

「たがね」と「かなづち」で地中5cm分の根を掘り繰り返して
コンクリートを埋める。



良い出来である。

あっ!オリジナルの写真撮り忘れてる。
こんな感じでした。↓



嫌なことからしたので、次の仕事もやる気になる。
日曜日にしかできないことも多い。

会社は照明をLED化したのだが、
ACをDCに変えるインバーター?(コンバーター?)が
●国製のためか、壊れるのである。



予備を付け替えないと、LEDが点灯しない。
現在2個切れている。それも交換した。



これは、電気工事士の資格が必要な工事である。

さらに仕事をする。
さて、M氏からもらったスタンド型のLED照明(単三3本必要)がある。

愛用しているが、電池の交換がもったいない。
ACアダプターを取り付けてしまう。



灯くのかって、だれか聞いたか?

もちろんである。



さて、長い朝の部の作業が終わった。
家に帰って朝ごはんを食べることにする。

人気ブログランキングへ

バジルスパゲッティ

「カクテキの素」をいただいた。
角切りの大根を漬け込むと24時間で完成とのこと。


早速、作ってみる。



翌日、たべてみた。
結構、本ものぽい味がする。
一晩で作れるのが良い。

早朝、空き缶拾いをした。



↑写真たて横間違えているが気にしない。



シールがこんだけ貯まったが、抽選は外れた。

嫁がバジルスパゲッティを作ると言う。

バジル葉 20枚
パルメザンチーズ 
にんにく
オリーブ油


をてけと〜に混ぜる。



結構、おいしいぞ!



人気ブログランキングへ

湯きり口から開けたことはあるか?


 
どこかで、カップ焼きそばを作るとき、
湯をいれる前に粉末スープを加えることは
非常に大きな失敗であると書いてあるのを読んだ。 

たしかに、痛い失敗ではある。
しかし、最初からスープのあるカップラーメンだったと
思えば大したことではない。

粉末スープの入った湯を捨ててしまったとき
始めて大きな失敗となる。

今日、カップ焼きそばにまつわるもうひとつの
大きな失敗を経験した。
湯きり口をまるごと開けてしまったのである。

写真が下手で申し訳ないが、補足すると
湯きり口から開封しただけではなく、
湯きり口に貼られている穴あきホイル紙みたいなものまで
剥がしてしまったのだ。



しかし、これも「アポロ13号」の故障に比べれば大したことではない。
どこの家庭にも
「平たくて透明なセロファンで片側だけ粘着性のあるもの」が
あるはずである。

私も迷わず、
「平たくて透明なセロファンで片側だけ粘着性のあるもの」を
使って湯きり口を修復し事なきを得た。

↓修復が上手すぎて、失敗の様子が伝わらない。



そだ!
嫁が今晩、バジルスパゲッティを作るのに
「バジル」が足りないから、実家で盗んで来いと言う。
実家の庭に「バジル」があるのを何で知ってる?
もしかして、このブログ読んだのか?
たしか、実家の「バジル」の写真をアップした覚えがある。

↓盗んできた「バジル」である。



昼に会社で塩焼きそばを作り、「バジル」を投入する。
もはや定番である。
1枚だけ投入する。たくさん使うと嫁に怒られる。
もちろん、スープは捨てない。



インスタントラーメンのスープのみは在庫がないので、
塩焼きそば本体の粉末スープの一部を入れてみる。

今日もあっさり、ブログを終わる。備忘録である。
で、バジルスパゲッティの話どうなったかって?

「ふふふ」←(笑っている。)

近々、ご報告します。
人気ブログランキングへ

初チップスの日にゴムの木は残った。

土曜日の夜、孫が攻めて来た。

いつものように孫とのチャンネル争いには勝利し、
ワールドカップサッカーのオランダ戦を見た。

やはり・・・。最後には負けた。
最近、サッカー見てストレス解消になったことがない。
KAZUの偉大さが改めて分かる。

日曜日の朝、嫁の命令で油を使わないポテトチップスを
電子レンジで作る。



作り方は↓
http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=134

聞けば、孫にとっては初ポテトチップスだと言う。

爺としては、記念に写真を撮ることにする。

孫は2歳の誕生日を迎えたばかりである。
カメラを向けると条件反射的に2歳を示す技をポーズする。



見難いが、両手の人差し指を立てている。
合わせて2歳。(柔道のあわせ技か!)

もう一度、孫に主旨を説明し(子供にもガチンコである。)
↓写真を撮る。



食べてる。食べてる。

私は満足して会社に向う。
嫁と孫が見送ってくれたので、もう一枚撮る。
(内輪ネタで申し訳ない。)



話を変えよう。会社のゴムの木の話である。
おふくろの形見である。(待て!おふくろは生きている。)

北九州では「ゴムの木」は外に放置していても越冬する。
元気な奴である。(人間なら・・・。)

その「ゴムの木」が、伸びすぎて庇の梁に微妙に接触している。



挿し木にするしかない。
注意しておくが、「ゴムの木」の正しい挿し木の方法は
知らない。(知らないなら書くな!と罵声を浴びそうであるが、
これは備忘録である。)

オチは無いからここで、読むのをやめてもらってよいが、
できればポチっとしてほしい。

人気ブログランキングへ
 
実は「ゴムの木」の挿し木は昔、一度、やったことがある。
その関係で材料がすべて揃っている。
やり方を忘れているだけなので、多分うまくいくんじゃないか?
(↑無責任)

材料:


/絅乾
▲淵ぅ
ハナタイ(ムエタイではない!)
ぁ峅,垢世吋戞次」
ゥ襦璽肇鵝僻根促進剤)
Ε咼法璽

手順
 峅,垢世吋戞次」を回りの下水溝に噴霧する。
(この時期、これをしないと100%蚊に刺されます。)

眼鏡をはずす。(老眼で手元見えません。)


切りたい部分のフシとフシの間を木部がきれいに見えるまで
カッターナイフで削る。(外皮が残っていると根が出にくい。)



ぁ嵌根促進剤」まぶす。(塗りすぎ?有効期限切れてるから
良いんじゃないか?←いいかげん。)



タ絅乾韻魎いて、ビニールで2重に巻く。
上下はハナタイで留める。
(私の場合、下はきつく、上は少しゆるく留めてみた。)



Εッターナイフを洗う。
(石けんで徹底的に。舐めても良いくらい。)

Ъ蠅鮴う。
(石けんで徹底的に。舐めても良いくらい。)

┘咼法璽襪両紊良分から時々注水し、水ゴケが乾かないように
していると、いつか根がでるんじゃないか?(←いいかげん)

根が出たら、根のでた部分の下(←ここ重要)で切り別の鉢に植える。

さて、ブログのカテゴリーは「アポロ13号魂」である。
何でも身近なものでやり遂げる精神である。

テレビ番組でいきなり、家に押しかけ、「●●」を24時間以内に
作れというのはどうか?買い物・外出不可で、その瞬間から24時間
缶詰である。題して「アポロ13号魂」。いまいちか・・・。

賞金が高ければ、ぜひ参加してみたい。

「おうちで作ろう。」は?(←「田舎に泊まろう」のパクリである。)

人気ブログランキングへ

宴会の約束も必ず守る良い男(←私?)

「ゲンニップ」ネタである。

先日の宴会で、「ゲンニップ」作ってあげるよと、
3人と約束した。

プランターでも「えごま」の収量は1週間で約20枚(手のひら大)で
あるから、3週間もかかる一大事業である。

1週間で↓



おとこなら、約束は守る。(常識である。)

韓国産とうがらしは「ユウキ」のが良い。
安いのを見つけた。↓



↑へたくそな写真である。実際には↓



200gが4つ。800gで1924円である。

昨日、一人目の方用の「ゲンニップ」を作った。

レシピであるが、ちょっと分量をメモってやってみた。
(いつもはてけと〜)
,┐瓦泙陵20枚位
⊂潴200cc
みりん100cc
い酒50cc
ゴ攅饂催眇瓢30g
Δ砲鵑砲1カケ

http://kkkuzuhara.jugem.jp/?eid=128

↑と組み合わせると一応、レシピ完成?である。

3回作るという約束をしたことで
レシピ(原案にすぎないが)が出来上がった。

最初の人の感想を聞ければ、次は改善できるだろう。

いきなりだが・・・・。

最近の若い人はどうにか余分な仕事をしないように
していないか。

話を聞いてしまったら、引き受けさせられると思うのか?
最初から「私、しませんから・・・。」とか「僕ははやりません。」と
宣言をしてくる。

余分な仕事による経験からしか得られない何かがあると
思うのだが・・・。

「やってみます!」とか「教えてください!」とか活きの良い若者は
いないのか。

話を変えよう。
6月になって同僚のIT氏に第二子が誕生した。(おめでとう。)

みんなで、お祝いをすると言う。(出産祝い)
今、流行のデジタルフォトフレームである。
肝は「赤外線通信できるもの」だそうだ。
携帯電話で撮った写真をケーブルとかで接続せずに
転送できるらしい。

で、私が梱包を引き受けた。
昔、お中元・お歳暮のアルバイトでやったことがある。



HS氏がマチ付きの袋にしてと言う。



という訳で「梱包」なら、いつでもやりますです。

人気ブログランキングへ

ポテトチップを電子レンジで作るの巻

立派な「じゃがいも」をいただいた。



庭でできたのだと言う。(ありがとう〜)

HS氏によると、電子レンジでポテトチップス作れますとのこと。
アマゾンで調べ、↓を発見した。



送料込みで1000円しないのか!早速、注文する。
それが翌日に届いた。

スライサーがうまく使えず、薄くなった^^;
(塩水につけて塩加減を調整。24枚まで作れる。)



それでも電子レンジ(500ワット)で7分経つと、



硬くなった。焦げ目もある。

お皿に盛り付けると



味も姿もポテトチップスである。
これのこそ!

人気ブログランキングへ

えごまでゲンニップ作るの巻

えごまの葉が豊作である。

ゲンニップを作ることにする。
レシピは↓に書いてあるが、家に持って帰るのを忘れた。


今日は仕事場ではなく、家で作るのである。

男の料理にレシピは不要だ。



醤油・みりん・韓国産とうがらし粉を混ぜて沸騰させる。

えごまの葉を干す。(水気が無くなる程度。)



沸騰させたつけ汁が冷えたらえごまの葉漬け込む。(終)



いいのか?これで?

何か忘れてる気がするが、味見をしてみると
結構それらしい味になってる。

えごまの葉は非常によく生育した。
売っている葉よりはるかに大きい。
しかも大量に取れた。



育成の秘密は土にあると思う。
今回の土について語る。
プランター40リットルに腐葉土20リットルと野菜の土20リットルを
いれた。肥料は↓を一握り均等に混ぜ込んだ。



さて、「明るい食品偽装入門」で紹介されているものを
もう1品作る。

「偽装からすみ」である。

お皿にキッチンペーパーをのせ、塩をひいておく。
卵の黄身だけのせる。
さらに、塩をかける。



これで12時間放置、室温で良い。

12時間経過したら、塩と黄身もろとも密閉容器にいれ
冷蔵庫で熟成させる。(40日間)



↓これも忘れてならない。(40日後である)


あ!思い出した。

ゲンニップのタレにお酒入れ忘れた。

「写真↓に写ってたよ。」と誰か言いそうである。



あれをのみながら作ってたので、たまたま写ってるだけです。
「あんた!確信犯やろが。」と言われないうちに終わる。

待て!

パンツ一丁になったわけです。そこに友達の彼氏が来ちゃって、
・・・。(どうなったかは明日のブログに書きます。)

の話をする。

彼氏は私を一瞥すると、「よっ!」と声をかけて、
テレビのスイッチをつけた。それだけである・・・。

私は乾ききらない洋服を着てそそくさと下宿に帰った。

後日の彼女との会話。

私:「彼氏くるんだったら、言ってくれれば行かなかったのに・・・。」
彼女:「いないときに来られてもねぇ・・・。」
私:「・・・。」
彼女:「いっしょに住んでるわけだし・・・。」

 人気ブログランキングへ


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

アクセスカウンターだよ。

本日:
昨日:
累計:

広告





広告

広告

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:3420 最後に更新した日:2019/12/16

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM